八幡平市立松尾中学校
  ようこそ松尾中学校のホームページへ。
  あなたはリニューアル後番目のお客様です。
  八幡平市立松尾中学校 〒028-7301 岩手県八幡平市野駄14-57
電話 0195-76-4650 / FAX 0195-76-4741
電子メール 
 
  |TOP|学校紹介本年度概要日課表・行事予定|校内研究|部活動・生徒会活動
  Topics
         
   文化祭
 9月30日台風24号が迫る日曜日、文化祭が開催できました。来賓、地域の皆様、保護者、卒業生等多数の皆様に来校いただきました。合唱コンクールの結果は、最優秀賞3年A組、優秀賞3年B組、2年A組、指揮者賞3年A組古川瑞姫さんでした。どの学級も思いを一つに歌い上げ審査委員の福士幸雄先生からも、心が感じられる合唱だったという講評をいただきました。
 また、各学年の「MTタイム(総合的な学習の時間)」、1年生の農業体験、2年生の職場体験、3年生の沿岸交流学習の発表も行われました。大きなコンクールを終え、あとは地区の芸術祭、文化祭やお祭り等での発表を行うだけとなった吹奏楽部の演奏、開祭行事と閉祭行事で行われた全校合唱、各学級で行われた展示作品など、今年度松尾中の文化の祭典として本当にふさわしい発表を行い、平成30年度の前半を締めくくるにふさわしい行事となりました。

     
         
   岩手地区新人大会 IBC子ども音楽コンクール
 9月15日(土)〜16日(日)に岩手地区新人大会が行われました。
 各部の結果は以下のとおりです。
 ソフトテニス部:団体準優勝(県大会出場)、個人第5位:橋・林ペア(県大会出場) バレー部:決勝トーナメント進出 ソフトボール 第2位
  サッカー部:予選リーグ 野球:1回戦
 陸上部:2年走高跳第1位 橋宏太 2年走幅跳第1位:立柳龍次朗 1年走高跳第1位:橋嵐 1年200m第1位佐々木崇悟 1年800m第1位:田村悠人
      1年走高跳第1位:橋馨乃子
       共通 砲丸投第2位:柴崎光?、1年100m第2位:工藤優真
      2年男子走幅跳第3位:鈴木大河 1年男子200m第3位:橋玲明瑠

 来年の中総体までの期間を大切に練習に取り組み、県大会に出場する部は「県レベル」をしっかりと体感し、来年に生かして欲しいと思います。保護者、地域の皆様、応援ありがとうございました。
 また、9月17日(月)敬老の日には、矢巾町田園ホールにて,IBCこども音楽コンクールが行われ、本校吹奏楽部の4名が重唱部門に出場しました。結果は優良賞でしたが、ステージの上でも全く物怖じせずに、堂々とした「プレゼント」を歌い上げました。
     
         
   沿岸交流学習
  9/7(金)、3年生が宮古市田老に沿岸交流学習に行きました。
  「万里の長城」と呼ばれる田老防潮堤、しかしそれを超える津波が押し寄せたことを学び、まだ震災の爪痕も生々しい旧たろう観光ホテルの建物を見学しました。
  さらに、昨年12月に、本校で交流した沿岸の皆さんと、今度は田老で再会し交流会を行うことができました。
     
         
     県英語弁論大会
  9/6(木)、サンセール盛岡で、岩手県英語弁論大会が行われました。
  本校からは、3年:宮ア椋平君が弁論の部に、3年:勝又愛莉さんと1年:橋馨乃子さんが暗唱の部に出場しました。
  惜しくも上位入賞は果たせませんでしたが、大勢の方々の前で臆することなく立派に発表しました。
  この内容は、9/30(日)の本校文化祭で発表します。
     
         
    岩手地区駅伝競走大会
  9/4(火)地区駅伝大会が雫石運動公園で行われました。
  3年生が出場する対外試合は、これが最後となります。男子9位、女子12位という結果でしたが、3年生の締めくくりとして最後まで走りきりました。
     
         
    農業体験学習
  8/30(木)・31(水) 1年生による農業体験学習がありました。今回は市内8件の農家の方のご協力をいただき、1年生52名が市内様々な農家で体験学習を行いました。
 1日目は雨の中の体験でしたが、農家の方々に屋内での体験内容を工夫していただきました。2日目は前日の雨もあがり、外の農場等での体験を行うことができました。農作業の仕事を通して、地元八幡平市の農業の大変さや苦労、大切さを学ぶことができました。
     
         
   岩手地区中学校陸上競技大会(H30.8.28)
 男子総合6位
入賞者
 第1位  共通男子棒高跳:古川 賛 
 第3位  3年男子100m:阿部遼太朗
 第4位  2年女子1500m:山本千鶴  共通男子4×100mリレー:工藤優星 橋柊弥 小山田唯翔 阿部遼太朗 岩舘大樹 橋謙心
 第5位  低学年男子4×100mリレー:盛内 柊吾 伊藤 大成 橋宏太 田村悠人 工藤優真 滝川龍
 第6位  1年1500m:田村悠人 共通800m:岩舘大樹 共通110mハードル:小山田唯翔 共通走高跳:盛内柊吾 共通砲丸投:男子:橋謙心 女子:立柳萌依
 第7位  共通200m:橋柊弥 1年100m:古川紗綾 3年100m:菊池真歩 共通100mハードル:橋愛理 共通走高跳:森風紀子
 第8位  1年100m:田村悠人 共通400m:工藤優星 共通200m:菊池真歩

 時折小雨が降る中で行われた大会でしたが、選手、応援団一丸となって取り組みました。応援ありがとうございました。  
     
         
   職場体験学習
  8/21(火)・22(水) 2年生による職場体験学習がありました。今回も2年生33名が市内様々な場所で体験学習を行いました。
 当日は、学校からスクールバスで各職場(多くの職場では1名ずつ)に向かい、仕事を通して働くことの大変さや大切さを学ぶことができました。
     
         
   夏休み中の活動
 夏休み中の松尾中学校も、様々な活動が行われ、生徒が活躍しました。
  7/26(木) 岩手県緑の少年団大会 岩手県民の森にて1年生が参加しました。今年度は50回記念大会ということで、特別表彰と県知事から感謝状をいただきました。
  7/28(土) 吹奏楽コンクール県大会 北上市さくらホールで開催されました。結果は銅賞。吹奏楽部は3年連続の県大会出場です。
           PTA親子レク 松尾総合運動公園でグランドゴルフを行いました。
  7/31(火) 八幡平市福祉運動会 3年生5名の生徒がボランティアとして参加しました。お手伝いだけでなく、一緒に協議に参加するなど、運動会を盛り上げました。
  8/ 7(火) まんがの描き方教室 漫画家そのだつくしさんを講師に迎えて行われました。(NHKニュースでも放送されました)
     
         
   救命救急講習
 7月4日(水)〜6日(金)に各学年が救命救急講習を行いました。1・2年生は、体育館でAEDを使った心肺蘇生法の学習。3年生は実際に倒れている人がいた場合、どのように対処するかの、シミュレーションを行いました。例年であれば3年生は、グラウンド等外を使って行うのですが、あいにくの雨模様だったため、校舎内で行いました。
 3年生は、3年間の学習の集大成として行うシミュレーションなのですが、体育館での練習と違って、職員室への報告があったり、その報告も何を知らせるのか戸惑ったりと、本当に緊迫した様子で行われました。校内での事故などがなければ一番良いのですが、万が一を考え、真剣に学習に取り組みました。
     
         
  八幡平自然愛護活動
 7月9日(月)に毎年恒例の八幡平自然愛護活動(外来植物駆除活動)に全校で参加しました。一緒に活動している八幡平中学校との学校紹介やエール交換等の活動も行いました。環境省や大人のボランティアの方々と一緒に、雄大な八幡平山頂を散策しながら、外来種であるセイヨウタンポポ等を摘み取るなど、自然環境を守る活動を行ってきました。これからもこの素晴らしい活動は継続していきます。 
     
         
    世界ジュニア武術選手権大会
 7月3日(火)に、ブラジルにおいて、太極拳世界ジュニア武術大会に出発する3年森風紀子さんの激励会が行われました。大会は7月10日〜15日に行われ、18日に帰国予定です。
     
         
    県通信陸上大会 吹奏楽コンクール盛岡地区大会
 6月30日(土)7月1日(日)の2日間にわたって、北上市総合運動公園陸上競技場において、岩手県通信陸上競技大会が行われました。
 松尾中陸上部(特設含む)は、地区予選大会を突破した24人の大選手団で参加しました。
 残念ながら入賞は果たせませんでしたが、午前中から30℃を超える暑さの中、練習の成果を発揮しました。出場した選手の多くは、およそ10日後の県中総体、陸上競技にも参加します。
 また、7月1日(日)は、吹奏楽部の生徒にとっての中総体ともいえる「吹奏楽コンクール」が、県民会館で行われました。
 地区中総体ではサッカー応援をしたあと遅くまで練習したり、定期テストの学習と並行して練習をしたりするなど、本当に一生懸命取り組みました。
 結果は、見事金賞受賞!県のコンクールに出場することとなりました。県コンクールは7月28日(土) 北上さくらホールで行われます。
     
         
    岩手地区中総体
 6月16日(土)17日(日)に岩手地区中総体が行われました。各部とも3年生を中心に活動してきた、集大成の大会となりました。
 残念ながら県大会出場を果たすことはできませんでしたが、どの部も3年生が少なくとも、1・2年生選手をしっかりとまとめ上げ、素晴らしい活躍をしてくれました。
 結果は以下の通りとなっております。保護者の皆様、コーチの皆様、応援して支えて下さった皆様ありがとうございました。

 結果
 野球部     :初戦を延長タイブレークの末、7−6で西根一中を撃破。準決勝で雫石中に2−3で惜敗。第3位
 バレーボール部:予選リーグを2勝1敗として、決勝トーナメント進出。1回戦葛巻中を2−0で撃破し、準決勝へ。
            準決勝では雫石中に0−2で、3位決定戦では西根中に0-2で敗れる。第3位
 ソフトボール部 :第1戦雫石中に4−11、第2戦滝沢中に1−8で敗れる。第3位
 ソフトテニス部 :個人戦、2ペアが3回戦に進出するも敗戦。
            団体戦、予選リーグを2位で通過し、決勝トーナメント1回戦西根中に1−2で惜敗。
 サッカー部   :予選リーグ第1戦沼宮内中、第2戦西根中、第3戦滝沢二中と戦い3敗。しかし、助っ人となった3年生のがんばり、部活動の時間を削って応援に駆けつけて            くれたスキー部・吹奏楽部・陸上部・総合文化部の前で、最後まで3人の3年生が健闘しました。

     
         
   運動会
 5月12日(土)第28回松尾中学校大運動会を開催しました。今年は多少の風はあったものの、好天に恵まれ、全てのプログラムを実施しました。
 運動会スローガン「S・I・N」のもと両組団が一致団結して、最後まであきらめずに勝利を目指した取組で、学校全体の団結力を向上(上昇)させてくれました。
 競技の部は赤組団、応援の部は赤青団が優勝しました。
 朝早くから応援に来校いただきいました来賓、地域、保護者の皆様、暖かいご声援をありがとうございました。後片付けをお手伝いいただいたり、今年は開催できたPTA競技の参加を引き受けていただいたりした保護者の皆様、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
     
         
     小林潤史郎先輩・陵侑先輩の五輪凱旋訪問
 5月2日(水)本校の卒業生で、ピョンチャンオリンピックで活躍した、小林潤志郎さん、陵侑さんが松尾中学校を訪問して下さいました。
 後輩に対して、「夢を持ってあきらめずに取り組んでいれば必ず叶う」ことや「様々な方々との出会いが今の自分をつくったこと」といったお話をして下さいました。
 その後には、スキー部生徒による質問や、本校生徒会長立柳萌依さんによる歓迎と感謝の言葉、応援団によるエールを送り、最後には二人の先輩と一緒に校歌を歌うことができました。
     
         
     修学旅行3日目
 最後の修学旅行のお知らせです。本日の浅草雷門前でのグループ写真と昼食のもんじゃ焼きの風景が届きました。
  生徒達も、もうすぐ松尾に帰ります。
     
         
     修学旅行3日目
 4月21日(土)いよいよ最終日です。昨日のディズニーシーでの記念写真が届きました。今日も朝から快晴で、スカイツリーから素晴らしい景色が望めそうです。
 この後は、浅草で3コースに分かれての選択研修。お昼にもんじゃ焼きを食べて、松尾への帰路に向かいます。
     
         
    修学旅行2日目
 4月20日(金)朝食の様子が届きました。元気そうに食べていますね。天気予報では27℃になるそうです。今日は都内自主研修とみんな楽しみ東京ディズニーシーで過ごします。
     
         
   修学旅行1日目
 4月19日(木)〜20日(土)2泊3日の修学旅行に3年生が出発しました。修学旅行情報を随時お届けします。
 東京からの写真第1弾は、新幹線の様子と国会議事堂でのクラス記念写真です。(小さくて見えませんが…)
 みんな元気にライオンキングを観劇したと連絡がありました。
     
         
   前期生徒総会
 4月18日(水)今年度の前期会生徒総会を行いました。第68期生徒会スローガンは「臻(シン)〜仲間と共に新たな輝(ひかり)を〜」です。このスローガンのもと、全校生徒が「Goodワード、Good行動」を増やすための活動を行い、温かな人間関係を築いていける松尾中を目指します。
 また、専門委員会・学年委員会の年間活動、運動会の提案もなされ、活発な討議を行いました。
     
         
   盛岡一周継走大会 全校応援
 4月15日(日)2年目となる盛岡一周継走大会の全校応援を行いました。前日までの悪天候予報もあり、やはり当日も雨が降り続く中での応援となりました。選手も、雨が降りしきる中、一生懸命にタスキをつなぎました。結果は新聞等に記載されているとおりですが、悪天候での全校応援だったからこそ、松中の結束をより強めるものとなりました。
 次の日の月曜日は、若干体調不良での欠席もありましたが、火曜日からはみんな元気に登校しました。欠席0人が当たり前のように続く松中、本当にすばらしいことです。
     
         
   交通安全教室
 4月9日(月)交通安全少年団入団式と交通安全教室を行いました。松尾中では全校生徒が松尾交通安全少年団として活動します。今年も安全な自転車使用を心がける決意を立柳萌依さんが全校生徒を代表して発表しました。
 その後、悪天候の影響もあり、全校生徒が体育館でビデオ学習を受けました。これからも、自分の命、歩行者の命を大切にしたマナーを守った自転車運転を心がけていきます。
 また、午前中には業者さんによる自転車点検も行われ、細かい整備不良もしっかりと見ていただきました。
 ※写真は昨年度のものです。    
         
   入学式
 平成30年4月5日(木)の午前中に新任式・始業式を行い、午後から入学式を行いました。生徒数140名と教職員24名で平成30年度の松尾中学校の活動が始まりました。
 入学式では校長先生から、「過去を変えることはできなくても、自分と未来は変えることができるはず。一歩を踏み出すこと、勇気を出して『挑戦』しようとすることが大切。そして『挨拶を交わし合う』ことで、自分と相手が互いに素直な思いを届け、元気とやる気を引き出して明るくさわやかに生活していこう。挨拶は『する』・『される』ではなく、『交わす』ものです。」という激励を込めたお話がありました。新入生も2・3年生に進級した在校生も教職員も新たなスタートに気持ちを引き締め、毎日が充実したものになるように「学校が楽しい」と思えるように、頑張っていこうという気持ちになりました。
 入学式には、22名の来賓の方々に出席していただきました。これからも松尾中へのご支援ご協力をよろしくお願いいたします。
     
         
   職員室清掃
 3月28日(水)に職員室清掃を行いました。年に一度ですが、職員室の机等を運び出し、雑巾がけの後にワックスをかけました。1年の汚れをきれいに落とし、新たな机配置で、平成30年度も頑張ります。よろしくお願いします。
     
         
   離任式
 3月26日(月〉に離任式を行いました。6名の先生方が転出されます。松尾中学校で経験したことを、次の学校で活かしていくことを約束しました。
ありがとうございました。
     
         
  スプリングコンサート
 3月21日(水)に吹奏楽部がスプリングコンサートを開催しました。会場の多目的ホールには、保護者の方々、教職員、地域の方々、子ども達が集まりました。
 ハンドベルによる校歌の演奏から始まりました。毎年趣向をこらし観客を楽しませてくれますが、今年はしっとりとした出だしに思わず涙が出そうになるような心にしみ入るハンドベルの演奏が2曲でした。続いて、合唱にも取り組んでいるので、これも2曲素晴らしい歌声を聞かせてくれました。
 第2部は、5曲の演奏をしてくれました。ソロ演奏があり、自信あふれる演奏でした。5曲目の「やってみよう」は3年生も加わり29年度吹奏楽部員全員による演奏でした。アンコール曲「明日はきっといい日になる」をホールに集まった全員が今日1日いい日になるようにと願いを込めて演奏してくれました。本当にいい日になりました。ありがとうございました。
     
         
   修了式
 3月14日(水)午後に修了式を行いました。会の前に校長先生から午前中に行われた卒業式が立派に終了したことへの感謝の言葉がありました。
 1年生34名、2年生55名の終了を認めていただきました。各学級の代表者の反省と決意の言葉には、来年度を見据えた言葉がありました。松尾中の素晴らしい伝統を継承する決意を胸に頑張ってくれると期待します。
     
         
  卒業式 
 3月14日(水)に第67回卒業式を挙行しました。八幡平市教育委員会教育長遠藤健悦様をはじめご来賓19名の皆様にご臨席いただきました。卒業生と在校生の素晴らしい姿に、教育長の遠藤様から生徒へ直接にお褒めの言葉をいただきました。生徒会スローガン「至心」そのままに誠実に一生懸命に学校をリードしてくれた3年生を心のこもった素晴らしい卒業式で送ることができました。保護者の皆様、地域の皆様、ありがとうございました。
     
         
   表彰
 第13回雫石クロスカントリースキー大会(H30,3,11)
  中学生2年男子の部 第2位 安保大空 第3位 宮ア椋平
  中学生1年女子の部 第3位 山本千鶴 第4位 佐々木莉良
  中学生2年女子の部 第5位 森風姫子
     
         
   震災に学ぶ会
 3月9日(金)に八幡平市博物館長の小野永喜先生をお迎えして、震災に学ぶ会を開催しました。小野先生は東日本大震災津波が起こった当時、大槌町立大槌中学校に校長として勤務されていました。地震が発生した時間には、生徒は下校していて先生方が学校にいたそうです。すぐに高台に避難したそうですが、津波の第2波で校舎が流されたそうです。その後、火災も発生し、避難場所を3度移動したそうです。一人一人が役割をもち避難所運営を行っているところもあれば、物の奪い合いなどが起こったところもあったそうですが、避難所で中高生が一生懸命に働く姿をみて、言うことを聞かない大人も指示に従うようになったそうです。
 
前例にとらわれずに命を守る行動をまずとることをお話されました。最後に、当時の中2生が3年生になった時に書いた「今伝えたいこと」と題した作文を紹介して下さいました。避難して振り返った時におばあさんが波にさらわれるのを見たこと、背負ったバッグの空気のおかげでおばあさんが助かったこと。お母さんと再会できずにいること。避難所でおにぎりを大事にかみしめたこと。仲間と部活に励んだこと。大槌のために頑張りたいこと。などが書かれていました。
 その時から7年が経ちます。私達がいまできること、そなえること等を考えていきます。
     
         
   第1回読書画コンクール
 3月6日〈火)に図書委員会主催の読書画コンクールの表彰を行いました。最優秀賞2年岡石陽菜さん、優秀賞1年橋嶺斗さんでした。図書委員会で今年はじめて企画した活動です。美術の先生に協力してもらい美術の授業時間に作品づくりに取組みました。墨流しの手法を取り入れたりと工夫が見られました。
     
         
   全校朝会
表彰
 三行詩 金賞 2年勝又愛莉  銀賞 2年山口莉永 3年佐々木彩  銅賞 1年橋李歩 3年滝川瑠夏
 第24回沢内クロスカントリースキー大会(H30.2.25)
  中学男子の部 10位 2年宮ア椋平
   中学女子の部 7位 2年久世実子 8位 1年佐々木莉良 

  リレー中学校男子の部 第3位 安保大空、宮ア椋平、中軽米大地
  リレー中学校女子の部 第2位 久世実子、山本千鶴、佐々木莉良
 英検合格者
 数検合格者
     
         
   カウンセラー3月の来校日  5日(月)が最終です。面談を希望する場合は、事前に連絡ください。    
         
   お別れ会
 2月28日(水)に技術講師の藤原美智雄先生のお別れ会を行いました。毎週水曜日に全学年の技術の授業をして下さいました。物作りの楽しさや生活が豊かになる活用について、コンピュータ機器の安全で安心な利用や今後の社会での技術革新について教えていただきました。一年間ありがとうございました。
     
         
   お別れ会
 2月27日(火)に美術講師の工藤美佳子先生のお別れ会を行いました。週に2日の勤務でしたが、全学年の美術の授業を担当していただきました。美術室にお花を飾り、廊下には生徒作品や絵画のポスターなどを掲示して、授業以外でも生徒の感性を磨いてくださいました。一年間ありがとうございました。
     
         
   生徒朝会
 2月27日(火)の生徒朝会で1、2年生から3年生へ合格祈願の絵馬を贈呈しました。2年生の代表が感謝の言葉を添えて3年生の代表に渡しました。頑張れ3年生、体調管理をして実力を十二分に発揮してください。
     
         
   市教育振興運動推進大会
 2月24日(日)に八幡平市教育振興運動推進大会が西根地区市民センターで開催されました。児童生徒表彰で2年森風姫子さんが第67回岩手県中学校スキー大会女子クロスカントリー3Kmフリー第1位で表彰されました。また、三行詩では、金賞に2年勝又愛莉さんが入賞しました。実践活動の発表では、柏台実践区として3年佐々木百峰さんが中学生の代表として発表しました。
 平舘高校の発表では、松尾中卒業生の渡辺美鈴さんが紫根染めを守り伝える活動について発表しました。この発表は、県大会・東北大会で最優秀賞となり、平成30年7月の全国大会に出場することが決定しています。卒業生の活躍に嬉しくなったと同時に、八幡平市がさらに発展していく希望を感じました。
     
         
   英語授業研究会
 2月23日(金)に1年A組で英語の研究授業を行いました。英語文を暗記しグループで質問と回答を順番にやりとりする活動をとおして、過去時制の疑問文を定着させる授業でした。書く活動、読む活動、聞き取る活動などの先生の指示は、ほぼ英語ですが、生徒は何をすればよいかを理解して授業に取り組んでいました。
     
         
   感動をありがとう
 小林潤志郎さん、陵侑さんの両先輩の平昌冬季五輪出場の応援横断幕を現地で活用してくださった八幡平市社会福祉協議会会長の伊藤昇様から、平昌オリンピックのお土産をいただきました。4年に1回のオリンピックに松尾中卒業生である先輩が出場し、その応援幕を作成する機会に恵まれたことに感謝します。自分たちの先輩が世界で活躍する姿を見て、生徒一人一人は、自分の夢を叶えるためのエネルギーをいただきましたし、教職員は、世界に活躍する人材育成に携われるこの職業に誇りを持つことができました。
 本校では、保健体育の授業でスキーを行っていますが、これからも地域教材として大事に取り組んでいきたいと思いました
小林潤志郎さん、陵侑さん感動をありがとうございました。
     
         
   表彰
平成29年度歯科保健図画・ポスター・標語コンクール 優秀賞 2年 菊池真歩
平成29年度全国中学校体育大会 第55回全国中学校スキー大会(H30,2,11) 
  女子リレー 第7位 岩手県3走 2年 森 風姫子

第35回イーハトーブ・ジュニア・クロスカントリースキー大会(H30,2,4)
  中学校男子の部 第4位 2年 安保大空
  
 中学校女子の部 第4位 1年 佐々木莉良
三ケ田礼一杯第26回八幡平市ジュニアスキー選手権大会(H30,2,10)クロスカントリー 
  第1位 1年 佐々木莉良   第3位 1年 山本千鶴   第5位 2年 宮ア椋平
   第6位 1年 中軽米大地
第11回奥中山高原クロスカントリースキー大会(H30,2,18) 
  中学生女子 第4位 1年 山本千鶴  第6位 1年 佐々木莉良
  中学生リレー 第2位 2年 安保大空  1年 山本千鶴  1年 佐々木莉良 2年 宮ア椋平

岩手県書写書道作品コンクール 特選、準特選、金賞受賞者
 
     
         
   保健体育授業研究会
 2月14日に保健体育の授業研究会を行いました。1年A組のダンス発表会でした。保健体育では、1年生から3年生まで三年間ダンスに取り組みます。三年間の中でそれぞれねらいをもって取り組みます。曲のイメージやもともとのダンスの振り付けなどからグループごとに振りを完成させます。お互いの意見を聞きあい、よりよいものを作り上げるための話し合いを重ね、イメージを身体で表現します。話し合いや自己表現は社会で様々な人との関わりの中で必要なものです。それを保健体育では、ダンスを通して育成します。
 授業のねらいを生徒と共有し、授業者の考えた授業のねらいは達成できたのかを参観した教員から意見を出し、授業改善に取り組んでいきます。
     
         
   男女共同参画とは
 2月6日(火)に3年生が中軽米こう子さんを講師に男女共同参画について学びました。社会科で学んだ言葉を実際の地域での取り組みを通して学ぶことができました。
学習を振り返って
・男女共同参画とは、多様な生き方があり、よりよい社会を互いに協力していくことだと知った。
・仕事をすることで、自分に自信がついたり、その地域が元気になるということがわかった。そして、将来の夢について学ぶことができた。
・尊敬する心とお互いが認め合うことが大切だと感じた。産直で地域の心、夢、お金が変わったことを知ることができた。
・自分の未来設計図を書いたことで夢を実現するための道筋がなんとなく見えてきた。怠け癖を克服し実現できるように努力していきたい。

・家族や地域の人や友達などと一緒に、これからもっとよりよい社会をつくっていくために考えながら協力していこうと思った。
     
         
   カウンセラー2月の来校日  5日(月)、19日(月)、26日(月)です。面談を希望する場合は、事前に連絡ください。    
         
   スキー授業
 今年もスキー授業を行っています。2月2日(金)が最後の授業となりますが、晴天の中雄大な岩手山を背景に思いっきりスキーを滑らせる生徒達です。小学校から取り組んでいるので、みんなとても上手です。
     
         
   感謝の会
 2月1日(木)に感謝の会を行いました。学校のリーダーとして全校を引っ張ってくれた3年生に感謝の気持ちを伝える会です。3年生に喜こんでもらおうと1,2年生が学年ごとに流行のお笑いを取り入れたりダンスやクイズをしたり学区の3小学校の校歌を披露したりと趣向を凝らした出し物に取り組みました。お世話になった先生方のビデオや入学した当時からの映像も流れ、笑いありちょっぴり涙ありの時間となりました。卒業までの残りの時間も大切に過ごし、思い出を増やしていきましょう。
 映像出演にご協力いただいた先生方、芸達者な生徒の皆さん、本当にありがとうございました。
     
         
   五輪出場応援横断幕
 小林潤一郎さん、陵侑さんの両先輩の平昌冬季五輪出場の応援横断幕を生徒会執行委員と総合文化部が作成しました。これに全校生徒がメッセージを書いて現地での応援に使っていただきます
     
         
   生徒朝会
 1月30日(火)の生徒朝会では、1月の活動反省と2,3月の活動目標について発表がありました。1月は「心(しん)」、の目標のもと、各学年、委員会が心をこめて活動できた、2,3月は「進(しん)」の目標のもと、進級・進学に向けた準備をしていこうと全校で確認しました。
 保健員会からは、咳エチケットについて、ポスターを使って注意がありました。インフルエンザ欠席者は、1年生1名、2年生1名です。これ以上に増えないための対策に取り組んでいます。
     
         
   学校保健委員会
 1月24日(水)16時からPTA厚生部員に出席いただき学校保健委員会を開催しました。本校の取り組みを保健主事である養護教諭が説明した後、保健委員の生徒が救命救急法について学習した内容を紹介しました。その後、厚生部員の方に実際に体験してもらいました。厚生部員の方の感想は、「生徒から教えてもらいわかりやすかった」、「実際に学んだことを覚えて上手に説明できていた」等、生徒の発表や動きに感心していました。参加した学校の職員も、生徒のきびきびと動く姿や丁寧に説明する姿をみて大変頼もしく嬉しく思いました。毎日の生活の中でしっかり成長しています。寒い日でしたが、気持ちが温かくなる時間でした。
     
         
   朝の挨拶運動
 2学期から行っている朝の挨拶運動を3学期も継続しています。今日1月24日は2年B組が担当でした。前日の大雪に負けることなく元気に挨拶をしていました。
     
         
   表彰
 第2回八幡平カップ岩手地区インドアソフトテニス大会(1月8日) 第3位
 第58回岩手県スキー選手権大会(1月11日)
   スラローム競技K2女子の部 第6位 3年 滝川瑠夏

 第67回岩手県中学校スキー大会(1月13日〜15日)
   女子クロスカントリー3Kmクラシカル 第3位 2年 森風姫子
   女子クロスカントリー3Kmフリー 第1位 2年 森風姫子
   女子スラローム 第5位 3年 滝川瑠夏
   男子リレー5Km×4 第3位 佐々木大雅、中軽米魁星、宮ア椋平、中軽米大地
   女子リレー3Km×3 第3位 久世実子、森風姫子、佐々木莉良
   女子総合 第2位 記録41点

     
         
   カウンセラー1月の来校日  15日(月)、22日(月)、29日(月)です。面談を希望する場合は、事前に連絡ください。    
         
   祝 平昌冬季五輪代表
 1月11日(木)に全日本スキー連盟が平昌冬季五輪代表を発表しました。松尾中出身の小林潤志郎さんと小林陵侑さん兄弟が代表に決定しました。
 新聞のコメントには、支えてくれた方々への恩返しと、故郷の岩手県や東北の皆さんが元気になれるようなビッグジャンプができるようにベストを尽くすと述べられていました。
 松尾中学校の生徒教職員一同も応援しています。練習の成果を発揮するビッグジャンプを披露して下さい。
 1月12日の朝日と岩手山    
         
   3学期始業式
 平成29年度最後の学期が1月11日(木)から始まりました。校長先生からは、校長先生自身が昨年に決意したことが達成できなかったため今年も同じ目標に向かって頑張ろうとしていること、生徒に向けて短い3学期も安全に留意して元気に過ごして欲しいこと、松尾中出身の小林潤志郎さんと小林陵侑さんが平昌五輪代表に選出されることは母校として誇らしこと、松尾中全員で活躍を期待し声援を送りましょうと話されました。
 各学年の代表と生徒会執行委員長は3学期の決意を発表しました。
 保護者の皆様、地域の皆様、3学期もよろしくお願いします。
     
         
   市イングリッシュキャンプ
 八幡平市に来訪したインターナショナルスクールの小学生、中学生との交流会が1月5日(金)に市役所で開催されました。本校から2年生の小山田唯翔さんと宮ア椋平さんが参加しました。八幡平市を紹介するパワーポイントを昨日作成し、本日は英語で発表しました。八幡平市の温泉やアスピーテライン、お土産などを英語で紹介しました。その後、一緒にゲームや餅つきをして楽しい時間を過ごしました。
     
         
   第2学期終業式
 12月22日(金)に終業式を行いました。学級宣言の反省と合唱を発表しました。   
 学年 1学年  2学年  3学年  全校 
曲名  生命が羽ばたくとき あなたへ  決意  空高く 
指揮者  佐藤夏姫 橋愛理  海藤光輔  澤 健汰 
 伴奏者  鈴木大河 立柳結愛  中軽米美里  岩佐百華 

 各学年の合唱は、2学期の成長が感じられる素晴らしいものでした。
 執行委員長の立柳さんは冬休み中に取り組もうと思っていることを話し、充実した冬休みを過ごし3学期によいスタートが切れるようにと呼びかけました。
 校長先生は、生徒全員の毎日の頑張りがエネルギーとなり、文化祭や学校公開などが大成功になったこと、全校のリーダーが2年生に代わり1年生が支え、3年生がいつの間にか受験生の顔になったこと、一生懸命な姿や顔をたくさん見せてもらった事への感謝を述べられました。そして、19日間の冬休みは健康第一に生活し、3学期始業式には、全員が元気に登校することが約束だと話されました。

 
 保護者の皆様、地域の皆様、2学期も大変ありがとうございました。よいお年をお迎え下さい。
     
         
   表彰
 全国中学校人権作文コンテスト盛岡地区大会 奨励賞 2年 岡石陽菜
 盛岡地区アンサンブルコンテスト(12月16日)
   打楽器3重奏 金賞 田中杏奈 橋羽綺 工藤颯太
   管楽7重奏 銀賞 工藤翔和 橋紗良 古川瑞姫 畠山来望 鶴田はな 鈴木彩笑 成田瑛香 
     
         
   スノーバスターズ結団式
 12月19日(火)14時30分から松尾地区スノーバスターズの会5地区の代表の方に集まっていただいて結団式を行いました。今年の1,2年生の希望者は24名でした。
 実際の活動開始は1月からですが、地区のために頑張って欲しいと思います。
     
         
   赤い羽根共同募金贈呈式
 12月19日(火)全校朝会で赤い羽根共同募金の贈呈式を行いました。生徒会執行委員が中心となって呼びかけを行い文化祭や校内で募金活動したものです。八幡平市福祉協議会の津志田さんに来校いただいて贈呈式を行いました。
 津志田さんからは、募金のお金が災害の被害にあった方への支援金や義援金になることや歳末助け合いに使われるなど、募金の活用について説明いただきました。全校生徒のあたたかい気持ちがみなさんに伝わっていくことでしょう。
     
         
   沿岸の方々との交流
 12月18日(月)の5,6校時に2年生が沿岸の方々と交流しました。2学年生徒会が中心となり進行しました。ウオーミングアップとして班ごとに分かれ風船を3個で円陣パスを落とさず続けるゲールをしました。その後、そのままのグループで沿岸地の紹介をしていただいたり、生徒に将来の夢を質問して下さったりお話をして交流しました。松野小学校出身の生徒は小学校時代から交流を続けていて、生徒の顔や名前を覚えて下さって、再会を喜びました。中学生の大人に近づいた合唱を披露し喜んでいただきました。
生徒の感想
・八幡平市の印象を聞いた時、人が優しいとか自然が豊かだなどの声があり、とても嬉しく感じました。復興していくうえで、どんなことが必要ですかと聞くと、若い人が残ってくれないと・・・などという声があり、私達の世代の人達がこれから先、地域の役に立っていく必要があると感じました。そして、沿岸の方々の前向きな気持ちに元気づけられた場面もたくさんありました。風船バレーをした時も、私達の何倍も元気に楽しそうに参加してくださったので、すごく心が温まったし元気になれました。
・ウオーミングアップでは、風船が落ちそうになったりして、大変だったけど楽しくできました。交流の部では、八幡平市がすごくいいところだと言ってくれた人がいてすごくうれしかったです。そして、宮古の人達の震災を受けてもまた立ち直そうという前向きな気持ちを感じました。帰り際に歌もよかったよと言ってくれた人がいて、元気が伝わってよかったなと思いました。今回の交流を通して、6年たったけど、震災から必死に立ち上がろうとする人達の思いを感じました。これから自分が復興のためにできることをやっていきたいと思いました。
・ウオーミングアップでは、たくさんの笑い声が聞こえてきて、皆楽しんで下さっているのかなと感じました。沿岸の方々はとても元気で私達もパワーをもらうことができました。質問交流では、知りたいことをたくさん教えて下さり、私達も震災のことを忘れてはいけないし、考えなければいけないと感じました。沿岸の方々は震災で命だけは助かったと大変で辛い思いをされていて、その傷は人との触れ合いで少しずつ治ってきているのかなと思いました。6年前と今は全く違うけど、私達の立場で分からないことはたくさんあると思うし分かりきれないこともあると思います。でも、沿岸の方々との交流を続けて思いや気持ちを少しでもお互いにわかり合えるようにしたいです。

   
         
   地区アンサンブルコンテスト前日演奏会
 12月15日(金)18時から翌日の地区アンサンブルコンテストに向けて吹奏楽部が発表会を行いました。3年生の吹奏楽部員や育成会活動中の生徒や保護者の方々、教職員、あわせて40名ぐらいが演奏を聴きました。美しい音色に心が満たされた時間でした。明日の本番でも心を込めて演奏し頑張ってくれるでしょう。
     
         
   健康講座2年生 生活習慣病予防教室
 12月13日(水)5校時に生活習慣病予防教室を行いました。対がん協会の保健師の吉田由貴さんと看護師の広田唯美さんを講師にお迎えして学習しました。
 生徒の感想
 ・生活習慣病は人ごとじゃなく自分にも起こるかもしれないことだと分かった。よくない生活の例が自分にあてはまるものがあったので、改善していきたい。
 ・夜ご飯を食べるのが8時ぐらいなのを少しは早めてもらって夜寝るのをだんだん早く寝られるようにしたい。肥満の原因には夜型なのと、運動をすればよいことが分かったので今日から少しずつ取り組んでいきたい。間食は減らしてなくせるようにしたい。そして病気にかからず元気に過ごせるように気をつけたい。
     
         
   県中スキー、地区アンサンブルコンテスト激励会
 12月12日(火)の生徒朝会後に12月16日(土)に行われる地区アンサンブルコンテストと1月12日(金)から行われる県中スキー大会の激励会を行いました。
 校長先生からスキー部へは大先輩の小林兄弟の世界での活躍を励みに頑張ること、吹奏楽部へは音と仲間を大切にして演奏すること、と激励の言葉がありました。練習の成果を発揮するよう体調管理に努め、自分が納得する滑りや演奏をして下さい。全校で応援しています。
     
         
   喫煙・飲酒・薬物乱用防止学習
 12月7日(木)に3年生が「喫煙・飲酒・薬物乱用について考える」学習を行いました。学校薬剤師の森雅先生を講師に3年A組は3校時に、3年B組は4校時に学習しました。
生徒の感想
・お酒・タバコ・薬物には依存性があるので、誘われても断わろうと思いました。一番こわかったのは脳が溶けてしまうということです。そして、傷ついたらもう二度と戻らないということです。大人になってもそういうのはしたくないと思いました。
・ノンアルコールでも0.1未満のアルコールが入っているので、未成年はノンアルコールでも飲んではいけないことがわかった。すすめられた時の断り方も重要だとわかった。
     
         
   幼児との触れ合い体験
 12月6日(水)、7日(木)に3年生は家庭科の授業で幼児との触れ合い体験を行いました。6日は3年A組、7日は3年B組が学区内の松野保育所、寄木保育所、柏台保育所を訪問しました。家庭科の授業で作成したボールを持参し、幼児と楽しく遊びました。生徒は幼児と一緒に遊びながら今まで学習したことの中で、疑問に感じたこと、もっと知りたいことなどを考えました。

幼児と遊びならが理解を深めたこと

 ・小さい子どもでも運動量がとても多く、疲れていても笑顔で遊んでいるのが、すごいと思いました。
 ・職場体験の時に行ったことを覚えていてすごくうれしかった。記憶力がすごいと思った。ボールでの遊びもボール探しやキャッチボールなどを考えていてすごいと思った。手先の器用さもすごいと思った。

・ボール遊びでボールを落とした時、他の子が拾ってくれて人を思いやる気持ちが育っているんだと思った。幼い子の運動量は計り知れない。
・ボール隠しをしてみて思考力があがるから遊ぶことの大切さを改めて知ることができた。職場体験で担当した子がすごい大きくなっていて、幼児の発達はすごいと思った。
・子ども達の目線になってみると積んである物などが大きく見えた。手が小さくボールを持つのが大変そうだった。

ご協力いただいた3つの保育所の皆様、0歳から年長組のお友達、楽しい時間を本当にありがとうございました。
 
   
         
   芽ぐみの会発表会
 11月29日(水)に岩手地区の芽ぐみの会の発表会があり、こまくさ学級とりんどう学級が参加しました。八幡平市のみんなで国体の時のジャンパーを衣装として身にまといステージでダンスを披露しました。
 作品発表は、今までの作品の一部を展示しました。

 閉会行事の閉会の言葉の後に、サンタクロースが登場し、みんなにプレゼントをくれました。
     
         
   カウンセラー12月の来校日  4日(月)、11日(月)、18日(月)です。面談を希望する場合は、事前に連絡ください。    
         
  表彰
 第三十回平和ポスターコンテスト 優秀賞 佐々木百峰、長野眞帆、佐藤夏姫
 岩手県中学校総合文化祭作品出品者
  杣澤友介、佐々木大雅、古川稜久、畠山来望、古川瑞姫、岡石陽菜、立柳萌依、伊藤愛唯、海藤光輔、
  阿部遼大朗、久世実子、伊藤大成、橋李歩
 
 英語検定、数学検定合格者 
     
         
   全校朝会
 11月28日(火)の全校朝会では、主任主査の畑田先生が10月下旬に生徒に行った「学校に必要なもの」の調査結果についてお話しました。要望が一番多かった雨漏り修理については、修理のための経費の見積を業者に依頼して八幡平市に提出したこと、その額は400万円だったこと。次に多かったクーラー設置については、市として保健室に設置予定であること。給食用の白衣については、3学期から新しくなり、色はブルーになること。トイレの臭いについては、来年度にパイプの高圧洗浄を検討していること。教室への新聞配置は1教室あたり4万円かかるので、多目的ホールに配置することなどを教えて下さいました。学校で消耗費、光熱費、燃料費の中で、一番額が大きいのは、光熱費で昨年度は約254万円支払ったこと、身近なエコに取り組むことで、支出を抑えられることなどを教えて下さいました。快適な学校生活を送るための仕事の一部分を教えていただきました。
     
         
   合同トレーニング
 11月14日(火)の放課後から合同トレーニングを開始しました。1、2年生全員と3年スキー部員が合同でランニング、腕立て、腹筋、ジャンプ等を行いました。今年度のスキー大会、来年度の中総体に向けて本気で取り組んでいきます。
     
         
   表彰
 ソフトテニスジュニアオープン(11月5日) 
  Bリーグ 第1位 又重芽依未・林愛未 組  Kリーグ第1位 甲斐香遥・橋優心 組
 第8回八幡平市スポーツ少年団駅伝祭り(11月5日) 
  中学生男子の部 スキー部 第2位 第1区 安保大空 2区 中軽米大地 3区 渡邉帆天 4区 宮ア椋平(区間賞)
     
         
   情報モラル講演会
 11月13日(月)3,4校時に情報モラル講演会をPTA教養部と共催で行いました。講師にグリー株式会社の小木曽健様をお迎えして「正しく怖がるインターネット〜事例に学ぶ情報モラル〜」と題して質疑を含めて70分講演いただきました。
 「インターネットはすべて玄関の外側」であると自覚し、日常でやってはいけないことはネットでもやってはいけないことを事例を交えて教えていただきました。事例では、進学や就職、結婚が決まっても過去にネットで炎上したことで取り消しや破談になってしまったことが紹介され、やってはいけないことはやってはだめだと強く感じました。この講演で、ネットで失敗する人が現れないようにと強く願いますし、今回参加できなかった保護者の方には、子どもや参加した保護者の方から内容を聞いて親子で話題にして欲しいと思います。便利な道具を便利で活用できるかどうかは、使う人の常識があるかどうかが大事だと再認識しました。


     
         
   小学生中学校見学
 11月10日(金)の午後に松尾中学校区の小学6年生が見学に来校しました。5時間目を授業参観した後に、交流会をしました。全校合唱による歓迎やスライドによる学校行事の紹介、3年生による校歌披露、3学年執行部が案内しての部活動見学と盛りだくさんの内容でしたが、小学生からは、「不安に感じていた中学校生活が楽しみになった」、「中学校の勉強をみて、小学校の勉強をがんばろうと思った」、などの感想発表がありました。
 小学生の後輩達に中学生として頼もしく成長した姿を披露できたと思います。
     
         
   生と牲の学習「命のバトン」
 11月8日(水)5、6時間目に助産師の佐々木千昭先生を講師に「命のバトン〜受け継がれた命、受け継ぐ自分〜」について学習をしました。赤ちゃん人形をだっこしてみたりしました。上手に笑顔で抱っこする生徒もいれば、てれくさそうにふてくされたように抱く生徒もいて大変賑やかな体験の場面もありました。
 生徒の感想
・今、自分が生きていることがあたりまえだと思っていたけど今こうやって生きていられてみんなに出会えたのは親のおかげだと思いました。今まで何も考えずに中学校生活をしていたけど今が大人になる準備だということがわかった。大人になるにはたくさんのことが必要だと思った。今まで適当に生きてきた中学校生活を見直して人との関係を大切にして生活したいと思った。
・今、僕たちがこの世界で生きていることはすごいことなんだなと分かりました。何億とかの確率で生まれるので、親に感謝したいです。それに命は一人に一つしかないものなので、これからの人生も大切に生きていきたいです。さらに命の大切さを改めて知ることができました。今日のこの授業で大人になるとは、いろいろなことがあるのだと学びました。大人になるには人間関係を築き自立していくことが大切だと分かった。これからの人生はいろいろな人たちと出会い、助け合っていきたいです。

・大人になるということは「20歳になって働きはじめる」ということだけかと思っていたけれど、相手を思いやる気持ちや自立する、人を愛するなどの成長が大きくなるということだと感じました。
     
         
   雨漏り
 大雨の際に多目的ホールなどに雨漏りがありましたが、11月1日(水)に業者さんが屋根にあがり点検をしました。かなり傷みがあったとのこと。市教委と確認しながら修理をすすめられればと思います。

緊急地震速報シェイクアウト訓練
 11月1日(水)10時に内閣府、消防庁、気象庁が実施した緊急地震速報シェイクアウト訓練に参加しました。思っていたより緊急速報の音は静かでしたが、生徒は「身を低く、頭を守り、動かない」をしっかり行い、自分の生命を守る行動ができました。
     
         
   全校朝会
 10月31日(火)に全校朝会を行いました。後期生徒会が本格的に始動しました。
 今日は校長先生が「思いやり算」の話をしてくれました。思いやり算には、「たし算、ひき算、かけ算、わり算」の4つがあります。「たし算」は助け合うです。「ひき算」は引き受けるです。「かけ算」は声をかけるです。「わり算」は人をいたわるです。何年か前にラジオで聞いた話しだそうです。校長先生の話を聞きながら松尾中に「思いやり算」が広がると、ますます助け合えていたわり合える笑顔の居心地のよい松尾中になると思いました。


表彰

 八幡平市福祉協議会標語コンクール 健康の部 優秀賞 1年 工藤颯太  福祉の部 優良賞 3年 滝川瑠夏
 2017全国ジュニアサマーノルディックスキー大会スプリント中学生女子の部 第4位 2年 森風姫子
     
         
   スクールカウンセラー11月の来校日   11月6日(月)、13日(月)、20日(月)、27日(月)です。面談を希望する場合は、事前に学校に連絡して下さい    
         
   生徒総会
 10月30日(月)に後期生徒総会を開催しました。平成29年度前期活動報告と後期活動計画について審議しました。
 後期生徒会スローガンは「臻(シン)〜仲間と共に新たな輝(ひかり)に〜」に決定しました。臻の偏の至は、松尾中生徒会テーマ「至心〜この上ない真心・誠実な心〜」に繋がります。全校生徒で松尾中をさらにより良くするためにがんばっていくことでしょう。
     
         
   八幡平市芸術祭
 10月28日(土)〜29日(日)に開催された八幡平市芸術祭のステージ発表には、吹奏楽部が西根中学校と合同で演奏しました。手話を交えて歌を披露したり演歌メドレーを演奏したり趣向をこらした演奏にアンコールがかかりました。会場にいる方々から素晴らしい、よい発表だったと感想が聞こえてきました。
     
         
   臨時全校朝会
 10月27日(金)に臨時の全校朝会を行いました。校長先生が生徒へ昨日の学校公開研究会への取組に感謝の言葉を伝えるための朝会でした。素晴らしい合唱を披露するための取組や当日の授業姿勢等への労いと感謝、そして、参加された先生方の感想の紹介をしてくれました。
校長先生が紹介してくれた感想の一部
「中学生が真剣に学習に取る組む姿に感心しました。小学校の時に真面目にがんばっていた子達が素直に育っていることがうれしいです。」
「先生と生徒の関わりがとてもよくて、先生の問いかけに一生懸命答えている生徒の姿が印象的でした。」
     
         
   学校公開研究会
 素晴らしいよい天気の10月26日(木)の午後に、学校公開研究会を開催しました。市内小・中学校の先生と市外の先生方100名をお迎えしました。
 全校生徒135名による校歌と合唱2曲披露しました。松尾中生の素直で一生懸命なところが伝わる素晴らしい合唱でした。

 その後、研究主任による本校の研究内容についての発表、公開授業、分科会を行いました。分科会はワークショップ形式で行い、参加された皆さんお一人お一人から授業について意見や感想をいただきました。いただいたご意見を参考に、これからもよりよい授業を目指して取り組んでいきます。最後にご指導いただいた指導主事の皆様、運営にご協力いただいたPTA役員の皆様に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。
     
         
   全校朝会
 10月17日(火)の全校朝会は、第67期中央執行委員会が運営する最後の朝会でした。全校で取り組んだ松中カップの表彰を行いました。第67期の執行委員の後に第68期執行委員会が整列し、仕事ぶりを学んでいました。
     
         
   思春期教室1年生「心のメッセージを変えて気持ちの温度計を上げよう」
 10月16日(月)5,6校時に1年生が大鷹スクールカウンセラー、熊谷養護教諭、佐々木先生と授業を行いました。マイナスのメッセージをプラスのメッセージに変えて気持ちの温度計をプラスに上げることを考えたり、自分の考え方のクセを理解してプラスのメッセージで人と関わることを考えました。
 生徒の感想
 今日の学習で、自分がどれだけユガミンと仲良しなのかが分かりました。でも班でキャラクターを考えるとき、とても楽しく、かわいい、おもしろいキャラクターを作ることができました。笑いすぎてお腹がいたかったです。一部の女子としか仲良くなれないし、男子と話すのが得意ではないけれど、今日のプラスの考えでがんばっていこうと思いました。プラスの考えで、いいところを見つけて仲良くなりたいと思いました。マイナスの考えのユガミンとさよならできた気がしました。
     
         
   県中新人大会激励会
 10月11日(水)に10月14日(土)〜15日(日)に行われる県中新人大会に出場する陸上部の激励会を行いました。今までの練習の成果を発揮して自己ベストを出し入賞できるように全校で応援しました。頑張れ陸上部
     
         
   街頭募金ボランティア
 山賊祭の会場で募金ボランティアに協力しました。
 10月7日(土)みどりの募金 3年田村泰騎さん、佐々木向日葵さん、橋紅葉さん、中軽米亜樹さん
 10月9日(月)赤い羽根募金 1年鈴木大河さん、2年勝又愛莉さん、菊池真歩さん、久世実子さん、3年岩間巧晟さん、立柳雅さん、盛内柚城さん、舘柳光さん

ありがとうございました。
     
         
   山賊祭
 10月7日(土)から9日(月)の三連休に開催された山賊祭で吹奏楽部が、オープニングセレモニーのファンファーレを担当し、引き続き演奏を披露しました。3年生が引退し1,2年生の演奏でしたが、素晴らしい演奏でした。雨が降り肌寒い日でしたが、3年生や保護者の皆様をはじめたくさんの方が演奏を楽しみました。
     
         
   避難訓練
 10月6日(金)に火災を想定した避難訓練を実施しました。調理室から出火し、2名の職員が初期消火に駆けつけたが火がおさまらずに避難するという訓練でした。副校長は、消防署に電話をして消防車と救急車の要請も訓練しました。
 早い学級は1分07秒、全校生徒1分50秒で校庭に避難しました。無事に全員が避難できました。大変寒い中でしたが、続けて消火訓練をしました。周囲へ火事を知らせるために大声で「火事だ−」と叫び、消火器を操作して火を消しました。風が強く、風上と風下では消火の早さが異なりました。また、天井まで火が燃え広がった場合は、自分で消すことは無理だそうです。八幡平消防署松尾出張所の田中栄貴様、横沢一真様のおかげで学びの多い訓練となりましたことに感謝します。火事が心配の季節となりました。松尾地区ではすでに3件の火災が発生しているそうです。気を付けて生活していきたいものです。
     
         
   文化祭
 10月1日(日)の朝は少し肌寒く暖房を入れましたが、どんどん天気がよくなりすっきりとした青空の中、文化祭が開催できました。来賓、地域の皆様、保護者、卒業生等約260名に来校いただきました。合唱コンクールの結果は、最優秀賞3年A組、優秀賞3年B組、2年A組、指揮者賞3年A組高橋丈さんでした。どの学級も思いを一つに歌い上げ審査委員の福士幸雄先生からは、松尾中の何十年と続いている心が感じられるという講評をいただきました。保護者の方、その前の世代の方が松尾中で大切にしてきた心を継承している姿を感じていただきました。素晴らしい合唱、発表をした生徒達の成長を感じました。            
     
         
   文化祭作品展
10月1日(日)の文化祭の展示作品の一部です。授業時間に丁寧に取り組んだ成果です。ひとつひとつ時間をかけてご覧下さい。

 
   
         
  ※このトップページは、「横方向の解像度1024ピクセル」・「文字のサイズが中」で最適に閲覧できるようにしています。        (c)八幡平市立松尾中学校