本文へスキップ

進んで学ぶ子ども /思いやりのある子ども /明るく健康な子ども

TEL.042-557-0266

〒190-1201
東京都西多摩郡瑞穂町二本木670

校長室より

校長あいさつ


 37人の新入生を迎え、全校児童287人で令和4年度がスタートしました。
 関根孝之校長先生の後任として、瑞穂町立瑞穂第三小学校第14代校長として着任いたしました。明治28年の開校以来、明治、大正、昭和、平成、令和と激動の時代を過ごす中、たくさんの卒業生に見守られ伝統を築いてきた歴史と伝統のある瑞穂第三小学校に迎えていただいた喜びと共に責任の重さに身の引き締まる思いでおります

 児童一人一人が学校経営の基本理念である「夢と希望にあふれ未来を築く三小の子」となれるよう、学習指導では、瑞穂町の重点課題である「学力向上」の実現を目指します。特に「基礎的・基本的な内容の確実な習得」と「主体的に課題を解決する力」「応用力・活用力の育成」を全ての指導で重点的に指導します。また、ICT機器を活用した学習を推進します。特に、タブレットは日常的に使うことを目指します。生活指導では、児童の自治力の向上を重点とします。特別活動の時間を大切にします。奉仕的・貢献的活動や異学年交流を活発に行い、児童の学校生活が、学級中心に偏らないようにします。

 また、学校には、この地域で育った子どもたちが、愛着と誇りのよりどころとしての郷土愛を育んでいく役割があると考えます。さらに、瑞穂町のふるさと学習「みずほ学」推進の中心である「地域を知り・地域と関わり・地域で学び・地域でできることをする」という視点を受け止め、そのために、地域とともに積み上げてきた実績をさらに発展させ、家庭や地域とより一層連携・協働して教育活動に取り組んでいくことを推進します。

 引き続き新型コロナウイルス等感染症の罹患や集団感染を防ぐために必要な対策を徹底すると共に、状況に応じ方法や体制を臨機応変に整えます。

 令和4年度も保護者、地域の皆様とのつながりを大事に共に歩みながら、教職員一人一人が自らの専門性、得意分野、個性を存分に発揮し、そして、ひとつになって教育活動を進め、「児童が生き生きと活動し、笑顔と活気があふれる学校」を目指します。
 保護者、地域の皆様には、今年度もご支援とご協力をよろしくお願いいたします。

瑞穂町立瑞穂第三小学校
校長 藤森 慎一



このページの先頭へ

瑞穂町立瑞穂第三小学校瑞穂町立瑞穂第三小学校

〒190-1201
東京都西多摩郡瑞穂町二本木670
TEL : 042-557-0266
FAX : 042-557-6014