学校長挨拶                                             

 保護者・地域の皆様には日頃から本校の教育に対しご理解、ご協力いただき感謝申し上げます。

 さて、今年度の学校教育目標は、「感性豊かに、夢や目標に向かって、自ら考え意欲的に学びに向かう 生徒の育成」です。今まさに国際化・グローバル化が叫ばれ、加えて変化の激しい社会情勢の中で、未来を 担う子どもたちがよりたくましくより自立した社会人になるための基礎を築くことはもちろん、「生きる力」を育 むことが強く求められています。

 それを受けて、本校では、教育の重点として、生徒一人一人に応じた「確かな学力の定着」、個に応じた 指導の充実、指導内容の定着に向けた授業の改善・充実などを掲げ、さらには子どもたちの自発性を促し、 より積極的に自主・自立の精神を育成するための教育を充実させたいと考えています。
 そのためには、今まで同様、私たち教職員が子どもたち一人一人にしっかり向き合うことはもちろん、保 護者や地域の皆様の声にしっかりと耳を傾けること、小学校との連携をより具体的な形で強化することを大切にしていきたいと思います。

 皆様ご承知のように、学校と保護者や地域の皆様がともに知恵を出し合い、学校運営に意見を反映させ ることで、一緒に協働しながら生徒たちの豊かな成長を支え「地域とともにある学校づくり」を進めることが求 められています。この学校づくりでは保護者や地域の皆様などが学校運営の基本方針を承認し、教育活動 などについて意見を述べたりする取組が必要とされています。実際、毎年実施している教育活動などに関す る保護者アンケートでは、直接的ではないにせよ、社会に開かれた学校づくりについて期待する声が寄せら れていると捉えています。

 さらに、平成32年に開校が予定されている、(仮称)厚田小中学校については、学校整備基本計画も定ま り、いよいよ新しい学校づくりに向けての取組が本格的に始まろうとしています。そうした取組の中で、学校と地域との連携をさらに発展させ、子どもたちの学びがより豊かに充実したものとなるよう、教職員が一丸とな り頑張ります。今年度も保護者・地域の方々のご支援・ご協力をお願いいたします。並行して、「厚田モデル」 のコミュニティスクールとしての教育活動の展開が期待されており、その期待に応えるべく準備を進めてまい りたいと考えています。

 これらを踏まえた取組として、学校は教育方針や教育活動などをこれまで以上に積極的に公開することを 大切にしていきたいと思っております。今までも、学校や学級だよりなどを通して学校や生徒たちの様子をこ れまでもお知らせしてきたところですが、地域とともにある開かれた学校づくりを一層推進していくために、ホ ームページの更新と活用を着実に実施し、積極的に情報発信していくようにします。
 保護者・地域の皆様には、学校の教育活動の様子などを各家庭・各地域において、親子や皆で話し合うきっかけにするなどしていただければ幸甚です。

 今後とも保護者や地域の皆さまとともに歩む、社会に開かれた学校づくりを進めていきますので、本校の教育に対するご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

                                                         校長 三浦 崇史