平成29年度 学校経営の重点

T.目指す学校像

「地域の中で存在感のある学校」
@生徒にとって楽しい学校
A保護者・地域に信頼される学校
B教師にとって生きがいのある学校

U.平成29年度教育目標

「感性豊かに、夢や目標に向かって、自ら考え意欲的に学びに向かう生徒の育成」
         〜さらなる自主・自立の育成をめざして〜

V.平成29年度の重点教育指導目標

1.主体性を育み、生徒一人一人に応じた確かな学力の定着を図る。

(1)基礎基本の定着・習熟の徹底と総合的知性(生きる力)を育む教育活動を展開する。
(2)一人一人の学習状況を的確に捉え、個に応じたきめ細やかな指導の充実を図る。(TT・補充学習の実践など)
(3)学習内容の理解や意欲を高めるため、指導内容の定着に向けた授業の改善・充実を図る。
(4)学習内容の定着を図るため、個に応じた家庭学習の工夫改善を図る。
(5)学力向上に関わり、小中の一貫校開校に向けて、小中の連携と調整を具体化し、9年間を見通した教育の計画立案のための準備実践に努める。

2.心身ともに健康で、自主・自立の精神を身につけ、感性豊かに生きる力を育てる。

(1)全教職員の一貫した生徒指導を通して生徒理解に努めるとともに、基本的生活習慣の定着を図り、 自己指導能力を育成する。
(2)道徳の授業はもちろん、教育活動全体を通し道徳指導の充実を図り、個々の内面の育成を基盤に思いやりや感謝の心を育み、より良い人間関係の構築を図る。
(3)体験活動、ボランティア活動を通して、豊かな感性を養い、人と人との絆の大切さについて学ばせ、さらに、活動の充実や成功体験を基盤に自己有用感の高揚を図る。
(4)学年・学級活動、生徒会活動、各種行事等、生徒の活動全般を通し、表現力や判断力を育て、自主・自立の精神を育む教育活動の展開を図る。
(5)体育的行事や部活動を通して、目標に向かって取り組む強い意志と体力を育てる。

W.平成29年度の重点経営活動目標

1.保護者や地域の期待に応える、地域に存在感のある学校づくりに努める。

(1)開かれた学校づくりに努め、保護者・地域に学校から積極的に関わる中で相互理解と連携を進める。
(2)教師・保護者・生徒による学校評価を活用し、教育課程の改善を図る。
(3)地域文化の継承、地域や学校の人材・資源の活用を図り、朝読書、国際理解教育など特色ある教育活動の推進に努める。

2.教職員相互の和と信頼のもとで教職員としての自覚と経営参画意識を高める。

(1)学校教育目標実現のための計画的・組織的な研究体制の確立、教職員一人ひとりの授業力・教員としての資質向上を目指した研修の充実を図る。
(2)教職員の専門職としての自覚と使命感を持って、職務の遂行及び職能の向上、危機管理意識の高揚 に努める。
(3)全教職員が相互の信頼と協働意識を持って経営参画意識を高める。