学校の概要

 本校は、北海道石狩市の北部、日本海に面する厚田区に位置する学校です。平成29年度は、全校生徒29名で学校生活がスタートしました。

 厚田中学校は「地域の学校」という点が大きな特色です。今後も、本校の教育が充実し、子どもたちの活動が大変素晴らしいものであることを家庭・地域に発信し、「厚田の地域として学校に何を求めているのか」「学校として厚田の地域に何ができるのか」を大切にして教育をしています。そして、現在の厳しい教育の現状の中で、学校教育学校教育目標実現のために、教職員・生徒が一体となり、学校教育全体を通して、知恵を絞り、取り組みを進めているところです。

  本校の子どもたちは、先生方の不断の努力と指導、そして地域・保護者に支えられ、明るく素直であり、いじめもなく立派な成長を遂げています。各行事における生徒の一人何役もの活動や生徒会での活発な活動など、生徒のがんばりには目を見張るものがあります。また、部活動の活躍、中文連の発表など校外においても大きな評価を受けているところです。
 このように良好な実態の上で、本校生徒に不足している力、さらに身につけさせたい力、プラスアルファの力は何か、本校の教育の課題は何かについて、職員の年度反省、保護者・生徒アンケート、各種調査、さらには日ごろの生徒の様子から鑑みた結果、平成29年度のスローガンを「自主・自立」とし、教育活動を推進しています。
 自主・自立については、変化の激しいこれからの社会において、未来を担う子供たちがたくましく生きていくために必要な力の1つです。これまで学習活動、生徒会活動、部活動など教育活動全般にわたり、「自主・自立」を意識して支援を進めてきました。生徒の授業に取り組む姿勢や学校行事での活動、実施したアンケートの結果などを見ても一定の成果が感じられる一方、「手をかけ過ぎ、ヒントを与え過ぎ」という指摘があることも事実です。29年度も「自主・自立」に関するカリキュラムマネジメント(計画・実践・検証・改善)を徹底し、「自主・自立」のさらなる育成を強化する教育活動を推進していきたいと思います。

 また、平成32年度に開設が予定されている(仮称)厚田小中学校(小中一貫校・コミュニティスクール)の準備も視野に入れて教育活動を推進しているところです。