最新情報

スキー学習〜厚田スキー同好会のみなさんありがとうございました。

 1月22日(金)に石狩平原スキー場で行われた1・2年生のスキー学習で、厚田スキー同好会の3名の方(高木さん、池田さん、八木沼さん)が指導にあたって下さいました。晴天に恵まれ絶好のスキー日よりでした。お忙しい中、本当にありがとうございました。

3年生全員の合格を祈って!〜合格祈願餅つき〜

 1月20日(水)に、毎年恒例の「合格祈願餅つき」が行われました。前日夕方には、PTA学年委員を中心に多くのお母さん方、藤女子大SATのみなさんが米とぎなどの下準備にあたって下さいました。当日は、3年生代表生徒の挨拶に始まり、3年生一人一人が合格を念じて餅をつきました。続いて1・2年生も先輩方の志望校合格を祈りながら餅をつきました。つきあがった餅で3年生は一人一人紅白のお供えをつくりました。昼食は参加者全員体育館で、お雑煮の他、きな粉、みたらし、納豆などバラエティに富んだメニューでいただきました。受験勉強に追われている3年生もホッと一息、楽しい時間を過ごすことができました。
 たくさんの保護者の方から餅米等の食材を提供していただきました。二日間にわたり準備から後片付けまで、ご協力いただきました保護者の皆様に感謝申し上げます。


みよし園訪問〜お年寄りとの交流

 12月9日(水)、毎年恒例となっている「厚田みよし園」を訪問し、お年寄りとの交流を行いました。生徒会役員の進行で、音楽発表を披露しました。始めに厚中祭で披露した「花は咲く」を全校で合唱し、その後、リコーダー、アコーディオン、ギターで「津軽海峡冬景色」、ハンドベルで「きよしこの夜」「ジングルベル」、箏で「さくら」を全校生徒に教職員も混じりながら演奏しました。音楽発表の最後は、「ふるさと1番」→「花」→「浜辺の歌」→「赤とんぼ」→「早春賦」→「ふるさと2番3番」の合唱を披露しました。「ふるさと」や「赤とんぼ」はみよし園のお年寄りの方も口ずさむ方が多く、楽しんでもらえたと思います。 最後に、生徒一人一人が思いを込めて書いたメッセージカードを貼ったクリスマスツリーの絵をプレゼントしました。
子ども達はこの訪問に向けて、みよし園の方々に喜んでいただいたり、楽しんでいただきたいと毎日、早朝・昼休み・放課後と練習に取り組みました。練習の成果が発揮されただけではなく、拍手や言葉をいただき、一緒に歌ったり笑顔を見せていただいたことで、「一生懸命練習してきて良かった。」「こちらが元気をいただいた。」と感じて帰ってくることができました。この訪問が、人を思いやる心、相手の立場になって考え、共感する心の成長に必ずやつながると思っています。


『牛乳うどんをつくりました』小中合同PTA研修会実施

12月5日(土)に中学校の家庭科室で、河合美枝さん、河合朝恵さんを講師にPTA研修会を開催しました。研修内容は、河合家特製「牛乳うどん」づくりです。前日に講師のお二人と、PTA文化委員の皆さんで準備と当日みんなで食べる分のうどんを仕込んでおいていただきました。
作り方は、小麦粉にといた卵を入れ、人肌ぐらいの牛乳を加え、手でこねます。ある程度まとまったら袋に入れ、何度も、足で踏み伸ばします。うどんを打ったあと6〜8時間ねかせて延ばして、切って、ゆでます。ゆで時間は10分程度ですが、煮込みうどんにするため、うどんの芯まではゆであがっていない状態です。
いよいよ、煮込みうどんの調理です。河合家では、うどんのスープは豚骨ベースだそうです。ゆでたうどんを、土鍋に入れ、河合家特製スープや具材を入れぐつぐつしっかり煮込んでできあがり!当日は、学校で文化部、バレー部が活動をしていたので、お声がかかり一緒に美味しくいただきました。スポーツセンターで活動していた野球部にも終了後、土鍋ごと運びいただきくことができました。 親子ともども、心もからだも暖まることができた研修会となりました。教えていただいた河合さん、参加いただいた保護者の皆さんありがとうございました。

ようこそ厚田中へ!「小学6年生1日体験入学」実施

 11月26日(木)「小学生1日体験入学」を実施しました。これは、小学校から中学校へ進学した際の不適応等、いわゆる「中1ギャップ」解消のための対応策の1つとして、厚田中学校区小中三校で連携して行っているものです。来年度入学予定の6年生11名(厚田小9名、望来小2名)が、中学生と一緒に登校し、朝の会から5時間目まで中学校生活を体験しました。 はじめは緊張していた6年生も時間が経つにつれ笑顔になり楽しく体験を終えることができたようです。


言葉や文化を超えた『学び』

□総合的な学習の時間:国際理解教育〜JICA研修員との交流

 

 11月25日(水)、総合的な学習の時間、国際理解学習の一環としてロシア語圏内のキルギス、ジョージア(グルジア)、タジキスタンから道路維持管理研修で来日しているJICA研修員12名の皆さんと交流を行いました。
最初に全校生徒で望来獅子舞を披露し、実際に太鼓をたたいたり、獅子舞の衣装の生徒と記念写真をとったりと緊張をほぐしたあと、6つのグループに分かれて活動しました。お互いの自己紹介に続いて、3年生が企画したクイズにグループごとで答えるゲームをしました。その後2年生が日本の伝統的な文化・遊びの中で、「習字」「コマ」「けん玉」「折り紙」を4グループに分かれて丁寧に説明し、体験していただきました。給食交流の時にもロシア語を教えていただいたり、身振り手振りを交えてコミュニケーションを図りました。
午後は研修員さんから各国、地域の紹介をしていただき、お別れ集会の中で1年生が折り紙で作った箸置きや、その折り方の説明書などを記念にプレゼントしました。研修員さんからも各国のお土産をたくさんいただきました。生徒達は楽しく交流をする中で他国の文化や歴史を学ぶことやコミュニケーションの大切さを感じることができたようです。小中連携教育の一環として厚田小学校・望来小学校5・6年生も授業に参加し中学生と一緒に活動しました。

 


見せたぞ厚中バレー!等身大野球体現!

バレー部準優勝・野球部第3位・・・バレー部石狩管内大会出場権獲得

 12日・13日、3年生にとって最後の市内中体連大会がありました。勝ち抜いたチームのみが管内・全道・全国へと進むことができます。日常の学校生活では見ることのできない一人一人輝いた姿を見ることができました。部活動は技術の習得はもちろん、人間性の向上を図ることが目的です。勝負にこだわることも大切ですが、本流を見失ってはいけません。3年生はチームリーダーとして、険しい道のりがあったことと思います。つらい時も歯を食いしばって、やり続けてきたことに大きな価値があります。野球部は昨年3年生が引退した後、たった一人の3年生を中心に、この春入部した1年生3名を加え毎日管内大会出場目指して真摯に練習に取り組んできました。残念ながら管内大会出場は果たせませんでしたが、優勝した花川中学校と最終回まで同点という試合ができました。バレー部は優勝目指していましたが、残念ながら準優勝という結果になりました。今後は、管内ベスト4という目標へ向けて、残り少ない日数を心身ともに充実した練習を重ねて欲しいと思います。7月10・11日の管内大会では、石狩市の代表として堂々とした試合ができるよう,今まで以上に練習に励んでくれることと思います。
<野球部> <バレー部>
□12日(金) □12日(金)
予選1回戦    VS 花川北中 ○ 13−7   VS 樽川中   ○ 2−0

予選2回戦     VS 樽川中   ×  0−7

  VS 花川南中  ○ 2−0
□13日(日) □13日(土)
 決勝トーナメント   VS 花川北中  × 0−2
  1回戦     VS 花川中  × 1−2   VS 石狩中    ○ 2−0
   
◇第3位(惜しくも管内出場ならず)  ◇準優勝(管内大会出場)

心ひとつに中体連壮行会

 中体連大会に先立ち、11日(木)に生徒会主催による壮行会が行われました。全員で校歌を歌った後、野球部、バレー部の一人一人が試合に臨む決意を全校生徒の前で堂々と発表しました。そして文化部からは全力でがんばってきて欲しいという願いのこもった応援の英語劇が披露されました。最後に生徒会役員が応援団となり、各部の健闘を祈り精一杯のエールを送りました。厚中生全員の心がひとつとなり、互いに励まし合うことのできたよい壮行会となりました。

花壇苗植作業 5月29日(金)  PTA生活委員会の皆さんありがとうございました

 天気の良い中、花壇の苗植を行いました。各学年花壇の整備をPTA生活委員の皆さんにお手伝いいただきながら行うことができました。

 

旅行的行事報告会 5月29日(金) 5時間目

 5月29日(金)5時間目の総合的な学習の時間で、各学年の旅行的行事の報告会が行われました。2年生は宿泊学習、3年生は修学旅行の成果をパワーポイントにそれぞれまとめ、それらを示しながらプレゼンテーション方式で全校生徒の前で発表しました。どの学年の発表も、聴いている人たちにより分かりやすく伝わるよう工夫された発表でした。

2年生宿泊学習報告  5月13日〜14日

《実行委員長 松浦 俊平》
 今回の宿泊学習では、旭川に行きました。今回のスローガンは一致団結〜仲間たちとの絆を深めよう〜でした。このスローガンはその名の通り、「仲間達と協力し、今よりもっと絆を深めて、宿泊学習を成功させようということでこのスローガンになりました。」1日目は旭川動物園に行き、バックヤードへ入れてもらい話を聞かせてもらいました。そして、自分たちの課題解決のために、動物を見て回りました。2日目は宿泊施設の方から「完璧団体賞」をもらうことができました。そして、ラーメン村、サイパル(旭川市科学館)へ行き、バスの中で後ろの男子が盛り上がって帰ってきました。来年の修学旅行では、今回よりもさらに良いものになるようにしたいです。


望来獅子舞学習スタート  5月1日 4時間目

今年もふるさと教育の一環として、総合的な学習の時間での地域文化の伝承=獅子舞学習が始まりました。5月1日の第1回目は、望来獅子舞保存会(本吉 巌会長)の方々にご来校いただき、望来獅子舞の歴史についてお話ししていただくとともに、各部門に分かれ子どもたちの練習に対してご指導、アドバイスを頂きました。10月の厚中祭での発表に向け、これから練習を重ねていきます。本番をご期待下さい。


修学旅行報告 テーマは「KANSAI5」 4月14日〜16日

<実行委員長 豊川 武蔵> 僕達3年生は、大阪・京都・奈良へ2泊3日の修学旅行に行きました。1日目はUSJに行きました。あいにく、雨が降っていましたが、スパイダーマンやハリーポッターなど多くのアトラクションにのることができ、みんな大満足でした。2日目はには、京都へ自主研修に行きました。他県からの修学旅行生や外国人観光客が大勢いましたが、5人全員でまとまって行動できました。時間が足りず、あまりじっくり学ぶことができず、残念でした。また、集合時間に遅れるなど3年生の新たな課題も見つかりました。3日目は、奈良に行きました。歩道に鹿がたくさんいてとても可愛かったのですが、鹿せんべいを持つと、とても近づいてきて怖かったです。奈良の大仏ではガイドさんの説明もしっかり聞き内容の濃いものにすることができました。色々ハプニングがありましたが、たくさんの課題も見つかったので、これからの学校生活に生かし、学校を引っ張っていきたいです。


新年度スタート!着任式・始業式・入学式 4月6日

4月6日(月)、着任式で7名の教職員を迎え、新しい一年が始まりました。始業式では学校長より生徒へこの一年頑張ってほしいことが話され、続いて2・3年生代表生徒が進級にあたって一年間の抱負を述べました。午後からはたくさんの御来賓や保護者の方が見守る中、入学式が行われました。今年は7名(男子5名、女子2名)が入学し全校生徒24名となりました。入学式の中で在校生が新入生に校歌を紹介し、祝う歌として「心の中にきらめいて」の合唱を披露しました。一年生の門出にふさわしいよい入学式となりました。
<新3年生 5名> <新2年生 12名> <新1年生 7名> <学級開きのようす>

第68回卒業証書授与式 それぞれの決意を胸に5名旅立つ

3月13日(金)、たくさんのご来賓のご出席をいただき、第68回卒業証書授与式が行われました。武岡校長から卒業生一人一人に卒業証書が手渡され、谷PTA会長からご祝辞をいただきました。セレモニーの中では、思い出ムービー在校生代表2名からのはなむけの言葉、在校生合唱、、卒業生一人一人からの旅立ちの言葉、卒業生による合唱、そして最後に全校合唱で別れを惜しみました。卒業生5名の門出を祝した、厳粛な中にも温かみのある感動的な卒業式となりました。式の後は、教室にもどり保護者の見守る中、担任と卒業生の最後の学活が行われ、それぞれの思いを伝え合いました。・・・夢と希望をもって新たな生活をスタートさせていってほしいと思います。

3年生を送る会 感謝の気持ちをこめて!

3月11日(水)生徒会主催による「3年生を送る会」が行われました。生徒会企画によるゲームを全校生徒に保護者・先生方も交え楽しく行いました。その後1・2年生がそれぞれ工夫を凝らした発表で、3年生への感謝の気持ちを表しました。続いて先生方がたこ焼きをつくり、クイズをして生徒全員にふるまいました。最後に3年生の企画した1・2年生とのパフォーマンス対決でおおいににり上げてくれました。全校生徒22名と保護者の皆さん、先生方で楽しい時間を過ごすことができました。

厚田区ウィンターレクウェスタ雪像コンテストに野球部・文化部が参加

2月15日(日)に開催された厚田区ウィンターレクフェスタの雪像コンテストに野球部・文化部が参加し、野球部制作「早坂君は歯が命」が第2位、文化部制作「オラックス」が第3位に輝きました。厳しい寒さの中、休日返上で熱心に雪像づくりに取り組んだ生徒の皆さん・顧問の先生方お疲れ様でした。

野球部はスキー競技にも全員で出場し1年生吉田君が2位、栗谷君が3位に入賞しました。


トモエスポーツ杯石狩管内バレーボール大会予選ブロック突破!

2月7日(土)、トモエスポーツ杯争奪石狩管内バレーボール大会予選ブロックが行われ、3連勝で決勝トーナメント進出を決めました。翌8日(日)に行われた上位16チームによる決勝トーナメントでは、抽選の結果シード1位の江別中央中との対戦となりました。管内上位校に対しても臆することなく自分たちの力を発揮することができ、チーム力が着実にアップしているのを確かめることができました。また次の大会へ向けての課題を把握することができました。悪天候の中、たくさんの地域・保護者の方が江別・北広島まで応援に駆けつけ、熱い声援を送っていただいたことに感謝申し上げます。

 1月25日(日) 2月7日(土) 2月8日(日)
<白鳥杯石狩市内予選>

<トモエ杯予選ブロック>

<トモエ杯決勝トーナメント>

○2−0 VS石狩中 

○2−0 VS江別第二

●0−2 VS江別中央

○2−0 VS花川南中

○2−0 VS恵庭恵北  
●0−2 花川北中 ○2−1 VS恵庭恵明  

 

手話講習会実施しました〜参観日:道徳の授業

10月29日(水)参観日の全校道徳の授業の中で、石狩市まちづくり出前講座『手話を知ろう』を実施しました。石狩聴力障害者協会の方2名、手話通訳の方2名が来校し講習会を行ってくれました。協会の杉本五郎会長が講師を務めて下さり、石狩市手話基本条例についてのお話や簡単な手話について教えていただきました。 今回の講習会を通して生徒たちは手話を身近なものとして感じることができたようです。学校としても、言語である手話に対する理解の広がりを目指した地域社会の実現に向けて、今後も取り組みを進めていきます。 「手話は言語」ということが当たり前に受け止められるようになり、そのことが社会全体で享受されている、本当の意味での共生社会が訪れることを願っています。


北海道シェイクアウトに参加!

10月15日(水)、大地震を想定した全道一斉の訓練「シェイクアウト」に参加しました。午前10時、事前登録した学校、企業、家庭などの約13万人が、机の下へ潜り込むなど身を守る姿勢を取りました。その後、大津波が発生したという想定で恋人の聖地への避難訓練をしました。ご家庭でも万一に備え地震・津波対策について話題にしていただければと思います。

第54回厚中祭 〜22人全員で響かせた Sounds NICE!〜

10月4日(土)に開催した『第54回厚中祭』・・「Sounds NICE!」をテーマに掲げ、約1ヶ月にわたる準備期間中、全校生徒22名が持てる力をすべて出し切り当日を迎えました。生徒会役員による開祭式に始まり、最後の閉祭式まで一人一人がそれぞれの個性(音)を響かせ、それが見事なハーモニーを奏でました。今年は文化部が英字新聞作成や英語劇に挑戦するなど新たな試みも見られ、また一歩ステップアップできました。・・・今年度もPTAバザー、リサイクルバザーなど多くの方々にご協力いただきました。保護者、地域の皆様方に支えられての厚田中学校にしかできない心のこもった温かな学校祭をつくり上げることができました。

開祭式:生徒会役員パフォーマンス 生活体験文発表:3年代表 文化部英語劇「ヘンゼルとグレーテル」 職業体験発表
望来獅子舞入場 獅子舞太鼓3人衆 獅子舞篠笛隊 獅子舞取り(棒) 獅子舞取り(鎖がま)
   2年生有志発表          3年生有志発表    PTA有志発表 獅子舞頭ガールズ
  合唱声出し練習表    全校合唱「心の瞳」     全校劇「名探偵アナン」    感動の閉祭式

 


石狩市中学校音楽発表会 〜時の旅人〜 全校合唱発表

10月1日(水)花川北コミニュケーションセンターで石狩市中学校音楽発表会が行われました。厚中祭での全校合唱曲「時の旅人」を市内7校の生徒の前で堂々と発表しました。一人一人がしっかりと声を出し厚田中ならではの、きれいなハーモニーを響かすことができました。

STAND UP TAKE ACTION ! 〜貧困のない世界を目指して〜

厚田中学校では国際理解教育の一環として世界の貧困について学習しています

9月24日(木)、生徒会役員の進行のもと全校生徒が「スタンドアップテイク アクション」の行動を起こしました。宣言文を22名全員で大きな声で朗読した後、一人一人が貧困を終わらせるため自分ができるアクションを書いた紙を掲げ、一斉に立ち上がりました。

これは「立ち上がる」ことで貧困解決のための世界的な目標「ミレニアム開発目標(MDGs)の達成を求める声を各国の政策に反映させるためのキャンペーンとして世界各地で行われているものです。2006年から始まり、2009年には世界で1億7000万人以上が参加し、ギネス記録を樹立しました。昨年日本では3万2600人が参加しました。貧困問題解決やより良い世界の実現を望む人であれば、誰でも気軽に参加できるものです。

今後も10月のJICA出前講座、11月のJICA研修員交流を通して国際理解教育を進めて行く予定です。


石狩市中体連新人戦大会 野球部・バレー部ともに第2位!

8月29日(金)、30日(土)の2日間にわたり、石狩市中体連秋季大会(新人戦)が行われました。野球部は新チームから新たに花川北中・浜益中との3校合同チームとして大会に参加しました。前日の壮行会での文化部・3年生からの心のこもった応援に送りだされ、3年生引退後初めてとなる公式戦に1・2年生で臨みました。両種目とも5チームによる総当たりリーグ戦となり、それぞれ3勝1敗で、第2位という結果に終わりました。惜しくも優勝は逃しましたが、夏休みの猛練習の成果を十分に発揮する事ができました。この大会を通してつかむことのできた課題を今後の練習に生かし、管内大会でのさらなる飛躍を期待しています。連日に渡り応援に駆けつけていただいた保護者・地域の皆様に感謝申し上げます。

<バレー部>  第2位(3勝1敗) <野球部> 第2位(3勝1敗)
□29日(金) □29日(金)
   VS 花川北中    ●0−2    VS 花川南中  ○7−0(6回コールド)
   VS 樽川中      ○2−0    VS 樽川中    ●0−1×(延長9回)
   VS 花川南中    ○2−1   
□30日(土) □30日(土)
   VS 石狩中      ○2−0    VS 花川中    ○4−2
     VS 石狩中    ○11−1(5回コールド)
       

文化部、藤女子大SAT夏休み交流で手作り料理に挑戦!

8月19日、20日の夏休み学習会登校日に藤女子大SATの学生5名が来校し、全校生徒の学習支援にあたってくれました。また、部活動交流も行い、文化部5名が学生の指導を受け、石狩産の食材を使ってのキーマカレー・手作りナンとメロンデザートづくりに挑戦しました。全校生徒と職員あわせて40食分を生徒・学生の10人でおいしくつくりあげ、生徒にも先生方にも大好評でした。また、バレー部の練習にも2名の学生さんが参加し一緒に汗を流してくれました。
藤女子大学とのSAT事業も4年目を迎え、学生さん達の意欲的な取り組みでますます充実しています。


職業体験学習 多くのことを学びました!

7月17日(木)、18日(金)の2日間、職業体験学習で「友愛保育園」「平山製菓」「イオン緑苑台店」「花川北デイサービスセンター」の4つの事業所において2・3年生10名が貴重な体験をさせていただきました。
総合的な学習の時間で事前学習(体験学習の目標を決め、職場への依頼状の作成・・・・)を行い、当日を迎えました。2日間それぞれの職場で担当の方の指示を受け、精一杯自分の仕事に取り組むことができました。
これからの事後学習では、振り返り→まとめ→発表会(厚中祭)と進んでいきます。「職業」「やりがい」「大人」「仕事」「家族」「生きがい」「進路」「経済」「体力」「人間関係」・・・・学ぶべき価値は一つではありません。是非ご家庭でも、子どもたちから大変だった「働く体験」の話を聴き、ご家族の仕事にまつわるお話をたくさん語っていただけたらと思います。それが子どもたちにとって大切な人生の勉強になるはずです。忙しい中、中学生の学習のためにご協力いただいた各事業の方々に心より感謝申し上げます。

     <友愛保育園 3名>      <平山製菓 3名>   <お弁当のケース洗いに挑戦>
      <イオン 1名>    <デイサービスセンター 3名> <お年寄りに厚田音頭を披露しました>

参観日 道徳の公開授業を行いました

7月15日(火)の5時間目、参観日の公開授業で全学年「道徳」を行いました。1年生は「目標や夢を考えよう」というテーマで中学生のうちに達成したい目標や将来の目標について考えました。2年生は「夢や理想を求めて人生を切り開こう」というテーマで夢や理想を実現するために今どうすることが大切なのかを考えました。3年生は「働くことの意義について考えよう」というテーマで将来の職業生活や進路選択に備え、働くことの目的や生き方について考えました。 2・3年生は職業体験でも働くことの楽しさや難しさを実感します。ご家庭でも保護者の方の実体験などを交え、夢や目標、働くことの意義などについて話題にしていただければと思います。また、今年度全面改定された道徳教育用教材「私たちの道徳」についてもご家庭でお子さんと一緒に目を通していただければと思います。


流した汗と涙は君の宝だ!

7月11日(金)、3年生にとっては中学校生活最後の公式戦となった、石狩管内中体連大会が行われました。管内優勝・全道大会出場を目指し、野球部・バレー部とも精一杯の戦いぶりでした。目標は達成できませんでしたが、一つの目標に向かってチーム全員が心ひとつにして努力してきたことに大きな価値があります。試合で流した汗と涙は、必ずやこれからの人生の糧となることでしょう。引退する3年生は次の目標に向かって頑張ってくれることと思います。

<バレー部>  管内ベスト8進出 <野球部> 1回戦敗退
  □予選ブロック   □1回戦
   VS 北広島東部中 ●1−2     VS 北広島東部中 ●0−7
   VS 江別大麻東中 ○2−1  
  □決勝トーナメント  
   VS 恵庭恵み野中 ○2−1  
   VS 江別中央中  ○0−2  

壮行会、文化部からの心のこもった贈り物

文化部が管内大会へ向け必勝の思いを込め、英語と日本語のメッセージボードを制作しました。10日(木)に行われた壮行会の中で、寸劇を交え英語で部員一人一人に応援メッセージを送りました。また、生徒会役員製作の全校生徒・職員からのビデオメッセージが上映され、全校生徒が仲間の健闘を祈り合う厚田中らしい温かな壮行会となりました。


第11回厚田小中合同運動会 テーマ「絆〜その先へ〜」

6月28日(土)「第11回厚田小中合同運動会」を開催しました。好天に恵まれ、児童・生徒たちは持てる力を十分に発揮することができました。グランド草削り作業、前日準備、当日朝の準備とたくさんの保護者・地域の方々にお手伝いいただき運動会を成功させることができました。また、子どもたちへのたくさんの熱い声援、保護者種目への参加など運動会を盛り上げていただいたことに感謝申し上げます。 小中合同の「綱引き」「トンネルくぐってゴールまで」「5色綱引き」では小学生をリードしながら頑張る姿が見られました。「生徒会アトラクション」では生徒会役員が企画・運営などすべて自分たちの手で行うことができました。・・・この運動会に向け生徒全員が体育の授業や合同練習を通して気持ちを一つにして士気を高めていき本番に臨むことができました。運動会を通して学級・学校の絆が深まり、さらに充実した学校生活を送ることができると思います。厚田中生徒の今後の活躍にご期待ください。


生徒会ボランティア活動〜小中合同地域清掃

17日(火)、厚田小・中合同地域清掃が海浜プールで行われました。小・中学生混合で8班に分かれ、各担当場所を中心にゴミ拾いを行いました。どの斑もリーダーを中心に中学生が小学生にやさしく指示を出しながら協力し合って清掃作業に取り組むことができました。7月の海開きに向け浜辺きれいにすることができました。たくさんの保護者・地域のみなさん、厚田支所の方々にも参加いただきました。ありがとうございました

   
       
Google
 

■最新情報      

   [更新履歴]

教育に関するアンケート結果報告27年1月

 
 
■ おすすめのページ
初めておこしの方に
日本語 英語


石狩市立厚田中学校
〒061-3601
北海道石狩市
厚田区厚田171−1
TEL 0133-78-2043
FAX 0133-78-2867
Mail:atutatyu@educet.plala.or.jp
校長 武岡 則夫     
    校長室から
HP管理者 松原 謙二

 

 
■ 厚田中HPについて

 
最終更新日        2016年1月22日
 公開日 1998年 3月 2日

20,000+