最新情報

スキー学習に行きました

 1月19日、1・2年生が石狩平原スキー場で、スキー学習を行いました。今年も厚田スキー同好会の指導員3名(スキーSAT)のお力をお借りして実施しました。この日は絶好のスキー日和で天候にも恵まれました。それぞれのグループで実技指導を受けた生徒は、滑る回数を重ねるごとに上達していました。午後からのフリー滑走では、時間いっぱいまで楽しそうに滑っていました。次回のスキー学習は26日に実施します。冬のスポーツに積極的に親しみ、体力向上につなげて、健康に過ごしてほしいと願います。

合格祈願餅つきを行いました

 1月18日、厚田中学校恒例の「合格祈願餅つき」を多くの保護者の方のご協力のもと、盛大に行いました。受験生の3年生7名の全員合格を祈願し、全校生徒で餅を力強くつきました。ついた餅で縁起物の紅白のお供え餅をつくったり、雑煮や、きなこ、みたらし、納豆などバラエティー豊かなメニューにして、参加された方全員でおいしくいただきました。最後は後輩や保護者の方からの激励を受けた3年生から受験に向かう力強い決意も語られました。多くの方のご協力とお心遣いで3年生は受験に立ち向かう勇気をたくさんいただきました。前日の下準備から当日の準備・運営・後片付けにご尽力いただいた皆さん、本当にありかとうございました。 「合格祈願餅つき」のようすは、19日の北海道新聞朝刊の地方版に掲載していただきました。

健康で安全に過ごすために

 第4節のスタートにあたり、「健康で安全に生活しよう」と三浦校長先生からお話しがありました。健康で安全に生活する生徒の意識の高まりを期待して、さっそく保健室前の掲示物が充実されました。「食育」の面では1月24日から始まる「全国学校給食週間」に合わせて、学校給食の歴史がわかりやすい「給食タイムマシーン」が、また「健康」の面ではこれから流行が懸念される「インフルエンザ」の予防について情報発信されました。「食育」の掲示物は栄養教諭が、「健康」の掲示物は養護教諭が製作したものです。どちらの掲示物も見応えがあり、非常にわかりやすくなっています。厚田中学校へお越しの際はぜひ、保健室前の掲示物にも注目ください。

第4節がスタートしました

 第4節スタートの1月12日、全校生徒29名の元気な笑顔がそろいました。今年の冬休みは荒天に見舞われましたが、生徒は充実した時間を過ごすことができたようです。スタート集会で、各学年の代表生徒が「4節の学校生活の目標」を力強く発表し、生徒会事務局員から4節の生徒会活動方針について具体的な説明がありました。進級・卒業を控える4節で三浦校長先生からは、「健康で安全に生活する」「何事もあきらめずに頑張り続ける」ことの大切さについてお話しがありました。さらに養護教諭の鎌田先生から「健康で清潔に過ごす」ことの大切さについてお話しがありました。4節は特に健康・安全に努め、これまでの学びを大いに活かして、一段とステップアップできるよう、生活してくれることを期待します。

冬休み学習会を行いました。

 冬休み最終日の11日、「冬休み学習会」を行いました。昨年末や昨日なども「冬休み学習会」を予定していましたが、暴風雪のため中止となり、予定が大幅に狂いました。1・2年生は、冬休みの学習の成果を確認したり、ゲーム的要素を取り入れた学習をするなど教室に活気が戻りました。3年生は目前に迫った高校入試に向け、実践問題に取り組むなど有意義な時間を過ごしました。明日からいよいよ各学年のゴールとなる第4節を迎えます。生徒の皆さん、明日から始まる4節も笑顔を大切に、目標の実現に向けて精一杯活動してくれることを期待します。

文化部がパネルを完成させました。

 昨年末に厚田漁協から「密猟防止」のパネル作成についての依頼が文化部にありました。文化部ではさっそく、パネルのデザインから話し合い活動を重ねて、取り組みました。途中、悪天候などで活動停止になるなど、作成時間の変更が余儀なくされ、結果として短い作成時間になりましたが、それを補うようにパワフルに活動し、力強い作品を完成させることができました。文化部の皆さんのがんばりに大きな拍手を送りたいと思います。厚田へお越しの際は、ぜひご覧ください。

第3節が終了です。明日から冬休みです。

 平成29年も残り1週間あまりとなりました。冬至の本日、12月22日で第3節が終了します。今日、賞状伝達などの全校集会を行いました。三浦校長先生からは明日から始まる冬休みの過ごし方についてのお話しをいただきました。また、各学年の代表生徒から「第3節の反省と今後の決意」が力強く発表されました。明日から1月11日まで20日間の冬季休業が始まります。「早寝・早起き・朝ご飯」の規則正しい生活リズムで「事故なく、楽しく、有意義」な冬休みにしましょう。また、風邪なども流行る時期です。保健室前に掲示されている情報を活用して、予防にも努めましょう。生徒の皆さん、よい年をお迎えください。充実した元気な笑顔で再会できることを楽しみにしています。

みよし園を訪問させていただきました

 荒天のため実施できなかった特別養護老人ホーム「厚田みよし園」を21日に訪問させていただきました。生徒会役員の進行で、合唱などを披露しました。みよし園の方も一緒に合唱され、盛り上げてくださいました。また、全校生徒で思いを込めてつくった「サンタクロース」の紙人形を一人ひとりに手渡し、交流させていただきました。皆さんの優しさにふれ、生徒からは自然と笑顔があふれていました。たくさんの優しさをありがとうございました。平成29年も残り少なくなってきました。どうかご自愛され、よい年をお迎えください。

3度目のスポーツレクを行いました

 冬休み目前の12月19日の昼休みに、生活委員会が主催し「全校スポーツレク」を行いました。今回の種目は1回目と同じ「ケイドロ」です。各学年から選ばれた精鋭の「ケイサツ」が体育館を自由に逃げ回る多数の「ドロボウ」を捕まえるゲーム。ドロボウは何度捕まってもめげずに脱走を繰り返すなど、「ケイサツ」と「ドロボウ」の激しいバトルが今回も見られました。体育館を元気いっぱいに笑顔でかけ回り、全校生徒で楽しいひとときを過ごしました。

グランドに大量の小さい「雪だるま」が誕生しました

 グランドに大量の小さい「雪だるま」が誕生しています。これは、生徒が作ったものではありません。自然の力でできた「雪だるま」です。粉雪が降り、その雪が少し溶けて湿って雪玉となり、風の力で転がり誕生するのだそうです。降雪はもちろんですが、気温や湿度、さらには風向などいくつかの気象条件がそろわないとなかなかできないもので、非常に珍しい現象とのことです。厚田の冬は厳しいですが、心が少し和む光景です。

離任式を行いました

 冬休みまで1週間あまりとなりました。後期から音楽の授業を担当していただいた非常勤講師の向畑華仁衣先生の授業が今日で終わりになり、これまでのご指導に感謝の意を込めて、全校生徒で離任式を行いました。向畑先生には、音楽の授業はもちろんのこと、いろいろな場面で生徒の活動を支えていただき、お世話になりました。向畑先生、これからも健康に留意され、益々のご活躍をお祈りしています。本当にありがとうございました。

2年生が調理実習に取り組みました

 2年生が家庭科の授業の調理実習で「お弁当づくり」に挑戦しました。この授業では、家庭科の先生のほかに、栄養教諭の先生も生徒の指導にあたってくださりました。そのおかげで、生徒は手際よく調理実習に取り組むことができました。完成したお弁当にはそれぞれの個性が見られました。調理を通しての楽しみや喜び、苦労などを実感して「食」への興味関心が一層高まりました。ぜひ、この授業で身につけた力をおうちのお手伝いや冬休みなどで活かしてもらいたいものです。

文化部のマスコット「しげる」が「冬」バージョンになりました

 「雪が降り 寒さ厳しく 風強い…」、厚田の厳しい冬が到来しました。厚田中学校の生徒玄関に飾られている「クルトゥーラ一家」の装飾も「秋」から一気に「冬」バージョンに様変わりしました。この装飾は文化部が活動の一環として取り組んでいるものです。白一面のバックに描かれている雪の結晶からは、厳しい冬の到来が感じられます。「しげる」のかわいらしいつぶやきに心和まされながら、厳しい冬を乗り越えましょう。

赤い羽根共同募金活動を行いました。

 今週の厚田も大雪に見舞われました。今週は生徒会執行委員が中心となって「赤い羽根共同募金運動」に取り組み、校内には「ご協力お願いします」の元気な声が飛び交いました。また、活動場所を校外にも広げて募金運動を行いました。ご協力していただいた皆さん、ありがとうございました。募金運動だけでなく、誰かを支え、誰かに支えられているという活動の中から、感謝する心をさらに身につけてほしいと願っています。

北海道新聞の「どうしん川柳」に掲載されています。

 本校の国語科で「表現力を養う」ことをねらいに、今年度から新たに不定期的に「川柳づくり」に取り組んでいます。生徒がつくった川柳は「どうしん川柳」に応募しています。これまでに本校の生徒の作品がのべ「11句」掲載されています。掲載された作品はどれも中学生らしいユーモアある温かい作品です。先週も「川柳づくり」に取り組み、応募したところ,さっそく今週の朝刊で1句掲載されました。生徒の表現力も徐々に養われているようです。今後も本校の生徒の作品が掲載されるのか、北海道新聞の朝刊に目を通す楽しみが1つ増えました。

SATによる2度目の家庭科の授業を行いました。

 12月5日(火)、先週に引き続き、藤女子大学のスクール・アシスタント・ティーチャー(SAT)の学生が来校し、1年生にバランスのよい献立の立て方についての家庭科の授業をしました。授業では、グループワークなどの話し合い活動を通して、献立を立てる3つのポイントについてわかりやすく教えていただきました。前回に引き続き、SATの学生もこの授業に向けて、授業道具を工夫して授業に臨むなど、丁寧に教えていました。

PTA小中合同研修会を行いました。

 11月末から厚田では連日、風雪の強い厳しい天候が続いています。12月2日(土)、厚田小学校のPTAと合同で「研修会」を行いました。部屋を明るく彩る「紙の飾り」と手軽にできる「ミニピザ」を作りました。厚田小学校のPTAとは日頃から交流をさせていただいているだけあって、参加された方は和気藹々とした雰囲気の中で学んでいました。どちらも上手に仕上げ、充実した楽しい研修会になりました。厚田ではPTAでも小中連携の取組を充実させています。

厚田みよし園訪問をさせていただきます。

 毎年12月に、特別養護老人ホーム「厚田みよし園」を訪問させていただいています。今年は12月6日に訪問させていただくことになりました。みよし園の方々と有意義な交流をさせていただくために、生徒会役員が中心となっての準備活動が始まりました。生徒たちは、みよし園の方に楽しんでいただけるよう、一生懸命活動に取り組んでいました。当日、どのような交流会になるのかが楽しみです。

SATによる家庭科の授業を行いました。

 11月28日(火)、石狩市外部指導者活用事業のひとつで、藤女子大学と連携して実施しているスクール・アシスタント・ティーチャー(SAT)の学生が来校し、2年生に「消費者の権利と責任を考えよう」という家庭科の授業を行いました。授業では、グループワークなどを通して、消費者の権利と責任についてわかりやすく教えていただきました。SATの学生もこの授業に向けて、生徒がより楽しく学べるよう万全の準備をして授業をしました。SATの学生による授業は、来週も行う予定です。

2回目の全校スポーツレクを行いました。

 11月22日の昼休みに全校スポーツレクを行いました。今回は新生活委員長を中心に企画し、「手つなぎ鬼」を行いました。1・2年生から1名ずつ選ばれ手をつないだ「オニ」から7分間を逃げ回り、捕まると「オニ」になるゲーム。最初は2人だった「オニ」が次から次へと捕まえ、「オニ」の増殖に成功、5分後には、全員がオニとなり、ゲームは終了しました。体育館狭しとかけずり回り、見た目以上にハードだったと思います。全校生徒で楽しい時間を共有することができることも「厚田ならでは」の1つです。

北海道大学の留学生が来校しました。

 11月21日、北海道大学に通っている留学生が厚田中に来校し、「国際交流学習」を行いました。日本の文化や遊びを留学生に伝えるとともに留学生の国の文化も学びました。この学習を行うまでに生徒は自分の国の文化を再確認することで新しい発見をしたり、他国の文化を学び、自分の視野を広げることができました。留学生の皆さん、ありがとうございました。また、このような貴重な学習の機会を与えていただいた関係者の皆様に感謝申し上げます。

「北海道学び推進月間標語」で「石狩教育局最優秀賞」を受賞しました。

 10月に全校生徒で「北海道学び推進月間標語」づくりに取り組みました。数多くの力作の中から、本校の1年生の作品が見事に「石狩教育局最優秀賞」を受賞しました。石狩管内で1000点以上の作品の中からの受賞という快挙です。おめでとうございます。この学び舎で仲間と楽しく学び、自分の夢の実現に向けて大きく羽ばたいてほしいと願います。

  平成29年度 石狩教育局最優秀賞作品 「学び舎で 仲間と築く 夢の先」

厚田保育所で実習させていただきました。

 11月17日(金)、厚田は朝から大雪に見舞われました。そんな天候の中、3年生が厚田保育所で「保育実習」をさせていただきました。絵本の読み聞かせやおもちゃ遊び、集団遊びなどを通して授業で学んだ「保育」についての理解を深めることができました。ひょっとしたら、園児に遊ばれている生徒もいたかもしれません…。今回、生徒にこのような貴重な学びの機会を与えていただいた厚田保育所の関係者の皆さまに改めて感謝を申し上げます。ありがとうございました。

雪が積もりました、いよいよ冬本番です。

 11月16日(木)、今日は後期の中間テストです。生徒は休み時間も惜しんで最後の確認をしていました。成果を発揮することはできたでしょうか。ここまでの取組を振り返り、今後の学習活動に生かして実力を高めてほしいと願います。今日、厚田に雪が積もりました。これから冬が本格的に進みそうです。保健室前に掲示されている養護教諭や栄養教諭の先生方からの「健康」や「食」に関する情報を有効に活用して、健康的に過ごしましょう。また、登下校はゆとりをもって、交通事故に気をつけて生活しましょう。

石狩管内中学校バレーボール大会新人戦決勝トーナメントの結果

 11月11日(土)、石狩管内中学校バレーボール新人戦決勝トーナメント大会が行われ、本校バレーボールが出場しました。試合会場での抽選の結果、1回戦は千歳勇舞中学校と対戦しました。好プレーも見られ、最後まで粘ったものの惜しくも0−2で敗退しました。選手の皆さん、まずはご苦労さまでした、これからの活動を通して、「心・技・体」を一層充実させ、今の自分たちの立ち位置からのレベルアップを図ってくれることを期待しています。また、当日は会場の北広島市までかけつけていただき、選手に温かい応援してくださった関係者の皆様、本当にありがとうございました。これからもご支援とご協力をお願い申し上げます。

石狩管内中学校バレーボール新人戦に出場しました

 11月5日(日)、石狩管内中学校バレーボール新人戦の予選リーグが行われ、本校バレーボール部は「石狩市代表」として出場しました。第1試合の江別第二中学校との試合は0−2で残念ながら敗退しました。続く第2試合の千歳中学校との試合では、第1セットを落とし、追い詰められましたが、ここから粘り強さを発揮して、第2・第3セットを連取し、2−1で勝利を収めました。この結果、予選リーグ2位となり、11日に北広島市東部中学校で行われる「決勝トーナメント」に駒を進めることになりました。当日は会場の江別市までかけつけていただき、応援してくださった関係者の皆様、ありがとうございました。選手の皆さん、決勝トーナメントは強い気持ちで堂々と挑んでくれることを期待します。

生徒総会が行われました。

 11月2日(木)、生徒総会が行われました。これまでの活動反省と活動反省が反映されたこれからの活動方針が全会一致で承認されました。どの生徒も真剣な態度で臨み、これからの活躍に大きな期待を抱きました。いよいよ新体制の生徒会事務局の活動が本格的にスタートします。11月は「北海道心の教育推進キャンペーン強調月間」です。全校生徒で承認した活動方針の実現に向け、さらに心豊かな人間性を身につけてくれることを期待しています。

今年度3回目の参観日を行いました。

 10月30日(月)、今年度3回目の参観授業を行いました。当日は悪天候でしたが、多くの方にご来校いただきました。授業参観後には、1・2年生は「学級懇談会」、3年生は「進路説明会」を実施し、保護者の皆様と有意義な時間を共有することができました。ご多忙の中でのご来校、ありがとうございました。これからも厚田中学校は「地域に開かれた学校」を目指し、教育活動を推進していきます。保護者の方のみならず、普段の厚田中学校の授業や生徒の活動をご覧になりたい方は、教頭までご連絡ください。多くの方のご来校をお待ちしています。

石狩管内生活体験発表会に参加しました。

 10月24日、江別市のえぽあホールで「石狩管内生活体験発表会」が開催されました。本校からは3年生が学校代表として参加しました。この発表会に参加したどの生徒も凜とした態度で、自分の体験をから得た考えや主張をしっかりと述べていました。本校の代表生徒も「厚中祭」のとき以上に、実に堂々とした態度で、大勢の人前で自分の考えをしっかりと伝えることができました。自分の考えを相手に伝えることは非常に大切なことです。今回の貴重な経験をこれからの活動につなげてくれることを期待します。学校の代表の大役を立派に務めたがんばりに大きな拍手を送りたいと思います。

「手話」の学習をしました。

 石狩市に手話条例ができて3年半が経過します。今年も石狩市障がい福祉課のご協力のもと、杉本先生と手話通訳の方にご来校いただき、手話の学習をしました。ろう者の視点から見た社会のようすや石狩市手話条例の性格などをわかりやすく教えていただきました。また、実際に手話を教えていただき、楽しく学習することができました。手話の学習を通して、改めて人とのつながりの大切さについて考える機会になりました。このような学習の機会を与えていただいた関係者に改めて感謝申し上げます。

生徒会役員選挙立会演説会・認証式を行いました。

 10月19日、生徒会役員選挙立会演説会を行いました。役員に立候補した生徒1人1人から力強く「公約」が全校生徒に向けて発信されました。立会演説会後には新役員を決める選挙を行い、立候補者全員が当選しました。また、翌20日には「認証式」が行われ、これまで「学校の顔」として常に先頭に立って活動してきた3年生から1・2年生にバトンが正式に引き継がれました。1・2年生はこれまで以上に責任が大きくなりますが、1つ1つの活動にしっかりと向き合って全力で取り組んで欲しいと思います。3年生には、新しい体制の船出が順調に進むよう、サポートをお願いします。

石狩の未来を考える子ども議会に参加しました。

 10月15日、石狩市役所の議場において、市内の中高生が参加し、「石狩の未来を考える子ども議会」が開催されました。本校からは2年生2名が「子ども議員」として参加し、来春オープン予定の「道の駅石狩 あいろーど厚田」の安全性と防災対策について、市長に提案や質問を交え、堂々とその大役を務めました。普段経験することのない、この貴重な経験をこれからの学校生活に生かしてくれることを期待します。

管内中体連新人野球大会が終わりました。

 10月14日、「石狩管内中体連新人野球大会」が行われました。本大会に石狩市代表として出場した野球部は、恵庭恵み野公園球場で、西当別中学校と1回戦を戦いました。試合は1点を争う僅差の展開となりましたが、1歩及ばず1−2で惜敗しました。今シーズンの大きな大会はこれで終了となります。これまでの経験から得た学びを確実なものにし、また課題の克服に向けて「心・技・体」の充実を図り、来春の中体連大会で自信を深めて挑めるよう、飛躍してくれることを期待します。恵庭の地でも「大応援団」を結成し、最後まで熱い声援を送り続け、選手を勇気づけてくださった保護者の皆様、関係者の皆様に厚くお礼を申し上げます。これからも同様の変わらぬご支援とご協力を改めてお願い申し上げます。

平成29年度後期の教育課程が始まりました。

 秋季休業も終わり、今日から後期の教育課程がスタートしました。後期は、3年生が卒業、1・2年生は進級が控えています。校長先生からは「後期は、前期の反省を生かした目標を定め、実現に向けて活動することを期待します」とのお話がありました。各学年代表からは、特に学習面での力強い決意が発表されました。前期の行事で培った力を日常の生活や学習に注ぎ、「凡事徹底」を積み重ねることで、自分や学年が大きく飛躍することにつながります。それぞれの目標の実現に向けて、1日1日を大切に過ごしていきましょう。

平成29年度前期の教育課程が終わりました。 

 10月6日、前期終業式を行いました。終業式で三浦校長先生から前期の活動のがんばりを讃えるお話がありました。また、各学年の代表生徒から「前期の反省と後期の目標」が力強く発表されました。修学旅行や宿泊学習、体験学習などの旅行的行事、厚田小学校と合同で取り組んだ運動会や海浜プール清掃作業、各中体連大会での活躍、厚中祭の大成功、充実したステージだった市内音楽発表会と前期に実施された1つ1つの大きな行事で得た学びの中で生徒はたくましく成長することができました。これもひとえに、各ご家庭や地域のご理解とご協力の賜物であると改めて感謝申し上げます。明日から10月10日まで秋季休業日です。短い休みですが、「事故なく、楽しく、有意義に」後期に向けていい充電期間として活用してください。後期も笑顔で元気よく活躍してくれることを楽しみにしています。

市内音楽発表会が行われました。

 10月5日の午後、花川北コミュニティーセンターで「市内音楽発表会」が行われました。市内音楽発表会は市内8校の中学校が、それぞれに合唱を発表し、その良さを感じ、伝え合い、高め会うことを目的として行われています。厚田中学校は「厚中祭」で発表した「木を植える」を全校生徒29名で発表しました。実に堂々と、精一杯の歌声を披露し、生徒は大きな充実感を体得できました。これも厚田地域おこし協力隊でバリトン歌手の今野博之さん夫妻が頻繁に厚田中学校に来校され、ご指導していただいたおかげです。今野さん夫妻には、ご多忙でありながら、生徒に素晴らしい体験をさせていただけたことに感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

「厚中祭」が閉祭しました。 

 「厚中祭」が閉祭しました。生徒会主催の開祭式から、生活体験発表、望来獅子舞、文化部の劇「かぐや姫」、それぞれの学年の特色が生かされた「学年発表」、全校音楽発表、生徒会企画、閉祭式とこれまでの学習の成果がいかんなく発揮され、大活躍の1日でした。さらに、生徒1人1人の個性がつながり、そこから生まれた大きな感動、「Star Piece」が実現され、思い出深い1日になりました。また、PTAバザーへのご協力や有志発表へのご参加など、多くの保護者や地域の方々の絶大なるご支援の中で活動していることを改めて実感できた1日でもありました。おかげさまで「開校70周年記念 第57回 厚中祭」は大成功で幕を閉じました。ありがとうございました。生徒の皆さんの1人1人のがんばりに大きな拍手を送りたいと思います。

「厚中祭」の舞台は整いました。いよいよ開祭です。

 9月30日に開祭される「厚中祭」の舞台が多くの方のご協力を得て、整いました。1ヶ月以上にわたる準備期間では、壁にぶつかることもありましたが、これまで学習してきた知恵と仲間との絆で、自立していく活動ぶりに生徒の成長の跡を感じました。明日のステージ発表、望来獅子舞や全校音楽、学年発表、文化部発表、生徒会企画で光り輝き、笑顔はじける厚中生の姿をぜひ、ご覧ください。「厚中祭」は8:45〜本校体育館にて開祭式が行われます。お気軽にお越しください。お待ちしています。

「厚中祭」の準備活動が軌道に乗り出しました。

 9月30日に開祭される「厚中祭」の活動が軌道に乗り出しました。ステージ発表の望来獅子舞や全校音楽、学年発表、文化部発表の練習は一層活気が出てきました。また、細かい作業で根気強さが必要な「貼り絵」作成にも楽しく取り組んでいます。人数が少ない分、1人何役も役割があり忙しそうですが、充実した活動につなげて笑顔で取り組んでいます。「1人ひとりが星のように光り輝くピースとなり、それらをつなぎ合わせて大きな光にしよう=Star Piece」のテーマの実現が期待できそうです。「厚中祭」は8:45〜本校体育館にて開祭式が行われます。光り輝く厚中生の活躍をご覧に、ぜひお気軽にお越しください。

文化部のマスコット「しげる」が「秋」バージョンになりました

  日没の時間が少しずつ早まり、秋の訪れを感じるようになりました。厚田中学校の生徒玄関に飾っている「クルトゥーラ一家」の装飾が「秋」バージョンになりました。この装飾は文化部が活動の一環として取り組んでいるものです。「紅葉」や「焼き芋」が描かれ、見事に秋満載へと移り変わりました。厚田中学校の生徒玄関では「四季」の訪れを感じることができます。厚田中学校へお越しの際は、ぜひご覧ください。

全校生徒で改めて平和の尊さを深く実感しました。

 8月31日は今年度2度目の「授業公開日」でした。5時間目の授業は全校生徒で「平和を考える学習」を行いました。今から72年前に起きた「望来空襲」を記録化した紙芝居「埋もれた墓標」を文化部が発表しました。また、幼少期にこの空襲を経験された望来地区在住の本吉巌さんをお招きし、そのときのようすや伝え聞いたことを教えていただきました。紙芝居や本吉さんのお話をうかがうい、改めて平和の尊さを深く実感することができました。さらに、生徒会書記局の呼びかけで、生徒1人1人が短冊に記入した平和への願いを掲示しました。ご多忙にも関わらず、優しい語り口で私たちに多くのことを教えていただいた本吉巌さん、本当にありがとうございました。改めて、感謝を申し上げます。

大躍進の市内中体連新人戦!バレー優勝 野球準優勝!

 8月25日〜 石狩市内の各会場で石狩市中体連新人戦が行われました。3年生からバトンを引き継いで挑んだ今大会で、バレーボール部が見事優勝、野球部も決勝戦で惜敗したものの準優勝と大躍進の活躍を見せてくれました。今後はこの経験を活かして、さらに大きな舞台での活躍を目指し、「心技体」の一層の充実に努め、ステップアップしてくれることを期待しています。この2日間、「大応援団」を結成し、熱い声援を送り続け、選手を温かく励ましていただいた保護者の皆様、関係者の皆様に厚くお礼を申し上げます。これからもご支援とご協力を改めてお願い申し上げます。

野球部の戦績(トーナメント戦)  準優勝

8月25日(金) 2回戦 対花川北 ○ 4−3        

8月26日(土) 決勝  対樽川  ● 1−5  

バレーボール部の戦績(リーグ戦)  4試合 4勝0敗   優勝

8月25日(金) 第1試合 対樽川   ○ 2−0  第2試合 対花川北   ○ 2−0          第3試合 対花川南  ○ 2−0   

8月26日(土) 第1試合 対石狩 ○ 2−0  

市内中体連新人戦壮行会を行いました。

 8月24日(木)の6時間目に「市内中体連新人戦大会壮行会」を本校体育館で行いました。野球部、バレーボール部から大会に臨む力強い決意発表がありました。校長先生からは、ミスを恐れずに強い気持ちで、プレーしてほしいというお話がありました。文化部は、会場に一体感を生み出す工夫を凝らした応援を披露し、その姿からは一層のレベルアップが感じられました。ご多忙の中、足を運んでいただいた保護者の皆さま、本当にありがとうございました。選手たちも勇気づけられたことと思います。選手の皆さん、新人戦は今チームのスタートライン、力強いスタートが切れるよう、強い気持ちを持って全力で挑んでください。頑張れ!チーム厚浜!頑張れ!チーム厚田!

新しいALTのローズ先生をお迎えしました。

 夏休み前に離任されたALTのリン先生の代わりに、ティ・ニュエン・ホア先生をお迎えしました。朝には着任式を行い、生徒会長が歓迎の言葉を述べました。その後、生徒と一緒に英語の学習に取り組まれました。ティ先生のことをみんなは親しみを込めて、「ローズ先生」と呼んでいます。ALTの先生との学習は英語はもちろん、他国の文化などが学べる絶好の機会です。これからいろいろな場面でお世話になります。どうぞよろしくお願いします。

第2節がスタートしました。

 第2節スタートの8月23日、日焼けした元気な顔で全員がそろいました。夏休みの課題にもしっかり取り組み、充実した時間を過ごすことができたようです。スタート集会では、各学年の代表生徒が「2節の学校生活の目標」を力強く発表し、生徒会事務局員からは、2節の生徒会活動の具体的な説明がありました。また、校長先生からは「夢に向かう努力を通して、自己実現につなげる活動を期待します」とのお話がありました。2節は市内中体連新人戦、厚中祭、前期期末テストや学力総合Aテストなどが予定され、学習との両立が一層重要となる時期です。今までの学びを遺憾なく発揮して、さらに充実した学校生活につなげてくれることを期待しています。

夏休み中もがんばっています。

 3年生が部活動の第一線を退き、新体制での活動が始まっています。ただいま夏休みですが、野球部、バレーボール部は8月25日から開催される「市内中体連新人戦大会」に向け、また文化部は9月30日に開祭される「厚中祭」の準備にと、一生懸命活動しています。それぞれが目標の実現に向けて活動し、充実した夏休みを過ごしています。

「厚中懇」を行いました。

 夏休みに入って3日目の7月27日は、午前中に「夏休み学習会」、その後「全校レク」を行いました。種目は「ミニバレー」、「王様2人ドッチボール」、「何でもバスケット」の3種目で1年生から3年生まで、一緒になって楽しい時間を過ごすことができました。異学年交流が自然にできることも「厚田ならではの教育」活動の1つです。また、昼食はPTA学年委員さんが中心となって準備していただいた「カレーライス」をごちそうになりました。午後からは、「厚田中学校懇談会」を実施しました。第1節の生徒の活躍を映像で振り返り、笑いが絶えない有意義な時間を過ごすことができました。「全校レク」や「厚中懇」は多くの方のご理解とご協力のもと、大成功で終えることができました。関係された方々には改めて感謝を申し上げます。ありがとうございました。

夏休み学習会を行いました。

 夏休みに入って2日目の7月26日は、「夏休み学習会」を行いました。この日は、石狩市外部指導者活用事業のひとつで、平成23年度より藤女子大学と連携して実施しているスクール・アシスタント・ティーチャー(SAT)の学生も来校し、一緒に「夏休み学習会」に参加しました。SATの学生も、個々の生徒の学習指導や支援にあたり、充実した学習時間になりました。明日の27日は14時から「厚田中学校懇談会」を本校体育館で実施する予定です。第1節の厚田中学校生徒の活躍をご覧になることができますので、ぜひお気軽に厚田中学校にお越しください。たくさんの方のご来校をお待ちしております。

 

第1節が終了しました。明日から夏休みです。

 7月24日の5時間目に、「職業体験学習報告会」を行いました。各グループごとに事業所で学んだことを発表、交流し、自分のキャリアについて深めることができました。ご多忙にもかかわらずご来校していただき、本当にありがとうございました。その後、6時間目には全校集会を行い、校長先生から夏休みの過ごし方についてのお話をいただきました。また、これまで厚田区のALTとして教育委員会に勤務され、大変お世話になったリン先生の離任式を行いました。リン先生、本当にありがとうございました。先生がこれからも元気でご活躍されることを祈っています。生徒の皆さん、明日から始まる夏休みは、事故なく楽しく有意義に過ごしてください。いい充電をして、第2節も邁進していきましょう。

職業体験学習を行いました。

 7月14日(金)に2・3年生18名が「ノースヒル茨戸ガーデン」「石狩市民図書館」「グループホームハートの家」「医療法人社団ピエタ会石狩病院」「石狩市消防署」「藤女子大学図書館」「こむぎっこ」「トヨタカローラジョイック花川」「ペットショップdingo」の石狩市内9つの事業所のご協力を得て、職業体験学習を行いました。子どもたちにとって、自分のキャリアについて考える非常に意義のある機会になりました。今回の本校の職業体験学習を快く受けてくださった9つの事業所の関係者には、心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。また、今回の職業体験学習の報告会を7月24日(月)の13:15〜本校体育館にて行います。各事業所での学びを交流し、深める「職業体験報告会」はご自由に参観できますので、お気軽にお誘い合わせの上、厚田中学校にお越しください。

今年度第1回目の「授業公開日」を行いました。

 厚田中学校では、地域や保護者の皆さまのご都合がつくときにご自由に授業を参観していただく機会として年間に5回の「授業公開日」を予定しています。7月13日(木)は今年度最初の「授業公開日」でした。保護者や地域の方のみならず、厚田中学校区の小学校の先生方も参観されました。ご多忙の中、ご来校していただきありがとうございました。次回は8月31日(木)に実施します。また、年間5回の「授業公開日」の実施については本HP「厚中行こう会最新版」に掲載していますので、ご確認ください。お待ちしています。

一進一退の攻防も1歩及ばず…管内中体連野球大会が終わる

 7月7日、「石狩管内中体連野球大会」が行われました。野球部は、千歳青葉球場で、西当別中学校と1回戦を戦いました。試合は1点を争う一進一退の白熱した展開になりましたが、1歩及ばず6−7で惜敗しました。石狩市代表としての誇りを持ち、仲間を鼓舞し、最後まで粘り強く挑んだ選手に大きな拍手を送りたいと思います。ここまでの経験をこれからの飛躍につなげてくれることを期待します。また、千歳の地でも「大応援団」を結成し、最後まで熱い声援を送り続け、選手を勇気づけてくださった保護者の皆様、関係者の皆様に厚くお礼を申し上げます。これから新チームとしての活動が本格的になりますが、これまで同様の変わらぬご支援とご協力を改めてお願い申し上げます。

管内中体連大会壮行会を行いました。いよいよ管内大会です。がんばれ!厚浜!!

 7月6日(木)の6時間目に「管内中体連大会壮行会」を本校体育館で行いました。管内大会に出場する野球部の1人1人から石狩市代表として大会に臨む力強い決意発表がありました。校長先生からは「平常心」で大きな舞台に挑んでほしいというお話がありました。文化部は、今回も応援団を結成し、前回よりもさらにパワーアップした応援を披露し、選手に熱いエールを送りました。ご多忙の中、足を運んでいただいた保護者の皆様、本当にありがとうございました。選手たちも勇気づけられたことと思います。選手の皆さん、大きな舞台でプレーできることに感謝して、石狩市代表として強い誇りをもって、全力で挑んでください。管内中体連大会の舞台で、笑顔輝く「チーム厚浜」の躍進を期待しています。

地域おこし協力隊の今野さんが来校されました。

 9月30日に開催する厚中祭の全校音楽発表会に向けて、少しずつ動き出しました。7月5日(水)は「全校音楽」の時間を設定し、厚田支所地域振興課にお勤めの今野さんをお招きしました。今野さんは、地域おこし協力隊の一員としてこの5月に厚田支所に赴任された「バリトン歌手」です。今回は男子パートを中心にご指導していただきましたが、次回は女子パートをご指導していただく予定です。一生懸命取り組む厚中生に今野さんからお褒めのお言葉もいただきました厚中祭の全校音楽発表会が楽しみです。

今年度2回目の参観日が行われました。

 6月30日(金)、今年度2回目の参観授業を行いました。今回は、1年生「技術」、2年生「英語」、3年生「音楽」の授業を公開しました。参観授業後は、学級懇談会などを行い、生徒の日常生活のようすも共有させていただき、有意義な時間となりました。また、保護者の方のみならず、厚田小学校の先生方も参観されました。ご多忙の中、ご来校していただきありがとうございました。厚田中学校は「地域に開かれた学校」を目指し、教育活動を推進していきます。尚、7月13日(木)には今年度最初の「授業公開日」を予定しています。「授業公開日」とは「ご都合がつくときにご自由に授業を参観してください」という日、今年度も5回の実施を予定しています。ぜひ、地域の方もお誘いの上、お気軽にお越しください。お待ちしています。

スポーツレクを行いました

 6月22日(木)の昼休みに、今年度最初の全校スポーツレクを生活委員会の主催で行いました。今回の種目は「ケイドロ」です。各学年から1名ずつ選ばれた精鋭の「ケイサツ」が「体育館狭し」と逃げ回る多数の「ドロボウ」を捕まえるゲーム。「ケイサツ」から必死に逃げ回る「ドロボウ」と「ドロボウ」を必死に追走する「ケイサツ」のバトルが繰り広げられました。短い昼休みでしたが、楽しく体を動かし、全校生徒で楽しい時間を共有することができました。生活委員会の「スポーツレク」の今後の企画が楽しみです。

2度目の望来獅子舞の学習に取り組みました

 昨日の「前期中間テスト」を終え、今日は「望来獅子舞」の第2回目の学習がありました。この日は前回、望来獅子舞保存会の方から教わったことを「頭」「取り」「太鼓」「笛A」「笛B」の5つのパートごとに、上級生が中心となって下級生に優しく教えていました。「望来獅子舞」は伝統文化の継承学習の一環ですが、上級生との学び、全校生徒との交流を通して、生徒の自主・自立につながる教育活動にもなっています。

厚田小学校と厚田海浜プールの清掃をしました 

 毎年6月中旬に、厚田小学校と合同で海浜プールの清掃に取り組んでいます。昨年は天候不良で実施できませんでしたが、7月中旬の海開きに向け、中学生のリーダーを中心に小学生・中学生が協力し合いながら清掃作業に取り組みます。今年は、厚田小学校やはまなす園の方、さらには厚田支所のみなさんや地域の方の参加もいただき、地域が一体となった活動になりました。生徒は一生懸命取り組み、お褒めの言葉もいただきました。合同地域清掃を通して、小中学校の連携を深めることはもちろん、環境美化への関心や厚田への愛着が一層高まりました。

「不撓 不屈 敢闘」 の「チーム厚浜」!野球部管内大会出場  バレーボール部は残念ながら惜敗

 6月9日〜 石狩市内の各会場で石狩市中体連大会が行われ、野球部・バレーボール部がともに4試合を戦い抜きました。野球部は3位決定戦で見事に勝利を収め、「石狩管内中体連大会」の出場権を手中に収めました。一方、バレーボール部は、2勝2敗のチームが3校となる大接戦の展開となりました。残念ながら、本校は得点率というわずかな差で惜しくも4位、涙を飲む結果になりました。今大会を通じて、気迫あふれるプレーはもちろん、チームを鼓舞する声や仲間を支える笑顔がたくさん見られ、選手はまさに「不撓 不屈 敢闘」の心意気で挑んでくれました。ここまでの経験を糧に次のステージにつなげ、さらに躍進してくれるものと思います。この2日間、「大応援団」を結成し、熱い声援を送り続け、選手を勇気づけていただいた保護者の皆様、関係者の皆様に厚くお礼を申し上げます。これからもご支援とご協力を改めてお願い申し上げます。

野球部の戦績(トーナメント戦)  第3位 石狩管内大会に出場

6月9日(金) 1回戦 対花川北 ○ 9-2      

         準決勝 対樽川  ● 6-9  

6月11日(日) 

3位決定戦 1回戦 対 石狩  ○ 9−2  

3位決定戦      対花川   ○ 8−1

 

バレーボール部の戦績(リーグ戦)  4試合 2勝2敗 第4位

6月9日(金) 第1試合 対花川南  ○ 2−0    

         第2試合 対樽川   ● 0−2    

         第3試合 対石狩   ○ 2−0   

6月10日(土)

         第1試合 対花川北 ● 0−2 

 

   
       
 
 
Google
 

■最新情報      

   [更新履歴]

平成29年度
年間行事予定表

学校だより

【平成29年度最新版】

13号(1月23日発行)

12号(12月22日発行)

11号(11月21日発行)

10号(10月23日発行) 

厚中行こう会最新版

いしかりふれあいDAYの取組について

平成29年度全国学力・学習状況調査結果の概要について

 
 
■ おすすめのページ
初めておこしの方に
日本語 英語


石狩市立厚田中学校
〒061-3601
北海道石狩市
厚田区厚田171−1
TEL 0133-78-2043
FAX 0133-78-2867
Mail:atutatyu@educet.plala.or.jp
校長 三浦 崇史         校長室から
HP管理者 

 教頭 野口 俊之

 

 
■ 厚田中HPについて

 
最終更新日        2018年1月19日
 公開日 1998年 3月 2日

20,000+