睦沢町立瑞沢小学校


 2017年12月22日(金)
 瑞沢学『学期賞』授与
終業式終了後、1学期間継続して宿題や家庭学習を継続できた瑞沢っ子に、瑞沢学『学期賞』が授与されました。
今回、賞をもらえなかった児童は、3学期こそは頑張ってほしいと思います。また、授与された児童についても3学期も継続して頑張ってほしいと思います。
そして、1学期から継続している児童は、瑞沢学『年間賞』を目指して、3学期も頑張りましょう。

 2017年12月20日(水)
 地区児童会
2校時に学期末の地区児童会が行われ、今学期の反省、登校時の問題点、地区の危険な場所、冬休み中の地区行事の確認を行いました。
集合時刻や右側一列の歩行、下級生の面倒、横断の合図、安全に登校するためのルール等、様々な観点から反省を行いました。
この反省を次に生かしたり、地区行事に積極的に参加することで冬休みや3学期も充実した日々を送ってほしいと思います。
 2017年12月19日(火)
 6年 家庭科「くふうしよう おいしい食事」
 缶詰,加工食品,じゃがいもなど身近な食品を用いておかずを作りました。食品の組み合わせや調理方法を工夫して,おいしいおかずができました。

 2017年12月19日(火)
 ほけんだより 冬休み特別号
 保健関係について、冬休み中に気をつけてほしいことを載せた「ほけんだより 冬休み特別号」を作成しました。
 はみがきカレンダーと一緒に子どもたちの冬休みのしおりにとじてあります。
 冬休み中の生活習慣について、お子様と一緒に確認する際に参考にしていただければと思います。
 新学期に元気な子どもたちに会えることを楽しみにしています。
ほけんだより
冬休み特別号は、こちら!!
 2017年12月19日(火)
 本日の給食
今日は、キムチ力うどん・スイートポテトサラダ・ワインゼリー・牛乳です。
師走という季節を感じてもらいたいので、寒くなると提供するキムチうどんにお餅を加え、手作りのワインゼリーでクリスマス気分も味わってもらいたいという願いを込めた献立です。
また、学校園で収穫されたさつま芋を、ごはんやおかず・汁物と大いに利用しています。
さつま芋は、戦争時や江戸時代の飢きん時に多くの人の命を助けたこと、今でも栄養的な価値と美味しさはかわりないこと等を放送で呼び掛けました。
子どもたちが植えて育てた「お芋」なので反応もよく、掘った時の楽しさを思い出しながら楽しく食べていました。
 2017年12月19日(火)
 瑞小クリスマス
待ちに待ったクリスマスまで残り5日間。
本校もクリスマス一色となってきました。
1年生の教室の前には低学年が飾り付けをしたクリスマスツリーが飾られ、2年生は松ぼっくりでクリスマスツリーを制作しました。
また、低学年の教室にはクリスマスリースが飾られています。このクリスマスリースは、子ども達自ら栽培したさつまいものツルに、家庭から持参したり、秋さがしでみつけた松ぼっくりや団栗、色をつけたマカロニ等で思い思いに装飾しました。
教育相談で学校に来られた際には、この自分達で育てたさつまいものツル等を使って思いを込めてつくった作品をご鑑賞いただきたいと思います。
 2017年12月18日(月)
 生命の奇跡
サケは、受精卵から細胞分裂を経て誕生したことを孵化と呼びます。そして、孵化したサケの赤ちゃんのことを仔魚と呼びます。
金曜日は数匹の仔魚を確認できましたが、今日は、とても多くの仔魚を確認することができました。
お腹に蓄えたピンク色の卵黄嚢は、まるで可愛い子が旅立つために、母親が送ったお弁当のようです。
今日は、この『生命』について考えるために、多くの児童が仔魚の観察を行いました。
子どもたちには、この生命の誕生から自分の誕生について関心を持ち、多くの人が自分の成長を支えてくれていることに気づいてほしいと思います。
 2017年12月15日(金)
 瑞小イルミネーション!
 4年生は図画工作科の学習で,ランプを作りました。ランプだけでなく,展示の仕方も工夫しました。
 友だちや先生方など,たくさんの人たちに見てもらいました。「すごい!きれい!!」などと感想をもらい,大満足の4年生でした。

 2017年12月15日(金)
 手本をよく見て
 4年生は,冬休み前に最後の書き初め練習をしました。画の長さや太さ,方向などに気をつけるために何度も手本を見て書いています。
 冬休み明けの書き初め展が楽しみですね!
 2017年12月15日(金)
 今学期最後のマラソン
本日、今学期最後のマラソン練習になりました。
子どもたちは、これまで業間時間と昼休みを使って、真剣な表情で一生懸命に練習に取り組んできました。
その努力の成果として、マラソン開始当初に比べて、歩く子どもが少なくなりました。
また、一定時間で走れる周数も増えています。
この成果を誇りに感じ、3学期も頑張ってほしいと思います。
 2017年12月14日(木)
 サケが孵化しました
サケの発眼卵は、卵の中で酵素を出しながら、卵のカラを溶かし、孵化をします。
本校のサケの卵も、卵を溶かすことで、徐々に透き通ってきており、お腹のピンク色が確認できます。
ついに本日数匹の孵化が確認できました。
放送で知らせたところ、児童が集まってきました。
水槽を覆っていた段ボールが取り除かれるとそこには小さな生命の誕生の様子が。この光景を目にした児童はみな感動していました。
これから、この孵化したサケは、お腹の栄養を使いながら、大きく育ってくれることと思います。
引き続き、温かく見守りたいと思います。
 2017年12月13日(水)
 サケの卵の飼育
昨日、一宮川にサケを放流する会の会長さんからサケの卵をいただきました。
この卵は光の庭に設置された水槽で飼育し、孵化させていきたいと思います。
そして、孵化した稚魚は、3月上旬に川に放流する予定です。
子どもたちには、卵の孵化から放流するまでの過程を見守り育てることで、生命を大切にする優しい心を育んでほしいと思います。
 2017年12月6日(水)
 リーフレットを作ろう!!
 外国の様子や生活、文化を本やインターネットを使い調べました。調べたことは、リーフレットにして、掲示をします。どんなリーフレットができるか楽しみですね。

 2017年12月1日(金)
 学びフェスタコーナー完成
11月25日(土)に行われた瑞沢小学校最後の学びフェスタは、瑞沢っ子の活躍が輝いた、大変素晴らしいものでした。
学校の規模が大きくなると全校発表などができなくなりますが、瑞沢小学校ならではの特色をいかして、児童一人一人がこれまでの成果を自信を持って発表することができました。この経験は瑞沢っ子の次のステージに生かされると思います。
今回、この意義深い学びフェスタの写真を壁一面に掲示しました。
この写真を見て、これまでの学習や活動に対して誇りに感じたり、次のステップへの架け橋にしてほしいと思います。

information店舗情報

睦沢町立瑞沢小学校
〒299-4423
千葉県長生郡睦沢町大上3220
TEL.0475-43-1004
FAX.0475-43-1022











4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

1月