積雪がなく暖かい日が多かった1月も終わり、いよいよ2月。2月は3日に豆まきがあり、22日(土)には
今年度の集大成とも言える「劇の会」Ⅰ部・Ⅱ部が開催されます。既に年長組は4グループに分かれ、どんな
ストーリーの劇にするか、絵本や以前観た劇などを参考にグループで話し合い、劇づくりが進行中です。
 年中組はクラス毎に、年少組は2クラス混合の2グループに分かれ、その年齢にふさわしい劇を演じます。
(つくし組は「劇の会」には参加しません)
 2月は上記のように「劇の会」活動が中心にあり、一人一人の一段の成長を願うと共に、全学年今年度の
締め括り、年長組は3月の卒園に向けて体調を整え、子ども達と一緒に晴れの日を迎える準備の月に
なりそうです。今後共皆様方のご理解・ご協力をよろしくお願い申し上げます。
  〈 今月の 3冊の絵本を紹介します 〉

① 「わたしの わごむは わたさない」
     ヨシタケ シンスケ 作・絵 (PHP研究所)
  6年前に出版した「りんごかもしれない」(ブロンズ新社)が
  産経児童文化賞を受賞した後、次々に何冊も出版し、今や
  人気絵本作家の一人です。今回の絵本も「わごむ」一つで
  色々と楽しませてくださいました。おすすめの一冊です。

② 「たべものやさん しりとりたいかい かいさいします」
     シゲタ サヤカ 作・絵 (白泉社)
  MOE絵本屋さん大賞2019 第3位(パパママ賞第2位)
  の絵本です。しりとり大会にはおすしやさん・パンやさん・
  ケーキやさん・ラーメンやさん・レストラン・くだものやさん・
  やおやさんのチームが参加、「あ」がつく食べ物から始まり、
  次々としりとりが進みます。色々な食べ物が出てきて、絵も
  ステキです。最後にしりとり大会の優勝者が発表されます
  が、「誰かな?」

③ 「おしりたんてい」 ププッ ゆきやまの しろいかいぶつ

     トロル 作・絵 (ポプラ社)
  9年前に出版されこの絵本が第7弾、大人気シリーズの最新刊です。
  今回も謎解き名人のおしりたんていが、ププッと難題を見事に解決します。
  どうぞ一緒に謎解きに参加し、楽しんでみませんか。