新型コロナウイルスは、東京都はじめ全国で感染者が急増し、拡大に歯止めがかからない状況です。第2波が
来たのでは?との声もあり、今後が心配されます。これからも一人一人が3密を避け、不要不急の外出を控えるなど
「新しい生活」を心掛けることが一層大切になってくると思われます。
 さて、そんな状況の中8月を迎え、当園幼児部は1日から夏休みに入ります。今年度はコロナ自粛登園などあり
ましたので夏休みを短縮致しますが、20日(木)には元気な子ども達と再び会えることを楽しみにしています。休み中
コロナに注意し、ケガや事故のないよう、楽しくも有意義な夏休みをお過ごしください。
  〈 今月の絵本3冊を紹介します〉
① 「ちいさな ちいさな うみのおさんぽ」
     さかい さちえ 作・絵 (教育画劇)
 「ちいさなちいさなポコポコシリーズ」の新刊です。これまでに3刊出ていますが、
 今回ポコポコは海にやって来て、色々な動物達に出会います。
 さてさてどんな動物達と出会い、どんなお話が展開するか、是非絵本を
 手にとってみてください。

② 「きみに ありがとうの おくりもの」
     宮野 聡子 作・絵 (教育画劇)
 ベストセラーになった絵本「いちばんしあわせなおくりもの」の続刊
 です。今回はこりすとくまくんが、お互いの感謝の思いを伝え合う
 ステキなお話です。読んだ後、読者もしあわせな気持ちで眠れそう
 ですね。

③ 「ぞぞぞぞでんしゃ」
     薫 くみこ 作・かとう ようこ 絵 (ひさかたチャイルド)
 久々に出た「あかいでんしゃシリーズ」の新刊です。これまで4刊出て
 いますが、今回も仕掛けの中から次々に「おばけ?」。開いてみると
 「ケーキ」だったり「◯◯◯◯」だったりと、ページをめくるのが楽しみに
 なる絵本です。